浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年08月26日
7 view

賃貸物件探しの失敗を防ぐために心掛けたい行動とは?



賃貸物件探しにおける失敗とは、「なかなか物件が見つからない」「狙っていた物件の入居者が決まってしまった」「入居後に不備が見つかった」など、あらゆる事例を指しています。
今回は、このような賃貸物件探しにおける失敗を少しでもなくすために、心掛けていただきたい行動について解説します。

①いきなり不動産会社を訪れない

賃貸物件探しの失敗を防ぐためには、いきなり不動産会社を訪れないことをおすすめします。
何も情報を持たず、特に気になっている物件もない状態で不動産会社に行っても、すぐに物件は提示してもらえません。
不動産会社は、来客の要望を細かく聞き、そこから希望に合った物件を検索します。
したがって、前もってサイトで条件に合った物件を探し、その物件を取り扱っている不動産会社に訪れた方が、よっぽど効率は良いのです。
また、いきなり不動産会社に訪れると、もし提示された物件がイマイチだったとしても、時間をかけて検索してもらっているため、「NO」と言いづらい空気になります。

②気になる物件は積極的に内見する

賃貸物件探しの失敗を防ぐためには、積極的な内見も必要です。
内見をしたからといって、必ずその物件に申し込まなければいけないわけではありません。
したがって、内見しようか悩むくらいなら、実際自身の目で確認して、住みたいか住みたくないかを判断した方が効率的なのです。
また、自身が迷っている間に別の方が内見に訪れ、その場で入居を決められてしまう可能性もあります。
そうなると、内見するかどうか迷っていた時間が無駄になってしまい、部屋決めの遅れに繋がります。

③騒音の大きさは無音状態で確認する

賃貸物件探しにおける失敗を防ぐためには、内見時の騒音チェックを“無音状態”で行いましょう。
一般的に、大通りに面していたり、線路が近かったりする物件は、騒音が大きくなると言われています。
ただ、一見閑静な住宅街であっても、油断は禁物です。
周囲にある施設等によっては、住宅街でも騒音が気になる可能性はあります。
したがって、内見時には一切声を発さず、一度無音の状態を作りましょう。
それにより、生活するにあたって気になる音や振動など、新たな発見があるかもしれません。

④前入居者の退去理由を確認する

賃貸物件探しの失敗を防ぐ方法としては、“前入居者の退去理由を確認する”という方法も挙げられます。
例えば、前入居者の退去理由が「隣人の騒音がひどかった」というようなものであれば、自身も同じ目に遭う可能性があります。
その他で言うと、「オーナーの対応が悪かった」「不審者が出入りしていた」といったような理由である場合も、入居は考え直した方が良いかもしれません。
前入居者の退去理由については、内見の際、不動産会社に確認依頼をすることで知れる可能性がありますので、思い切ってその場で聞いてみることをおすすめします。

まとめ

ここまで、賃貸物件探しの失敗を防ぐための行動を4つほど解説しましたが、いかがでしたか?
新生活を始める前の賃貸物件探しは基本的に楽しく、ワクワクするものですが、つい浮かれて失敗してしまわないように注意しましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。