浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年08月19日
5 view

賃貸物件への入居前に不動産会社に聞いておきたいこと4選



賃貸物件に入居する前には、実際内見をしたり、図面を確認したりしてもわからないことについて、不動産会社に質問しましょう。
そうすれば、入居後の生活をより快適に過ごしやすくなります。
ここからは、入居前聞いておくべきことを4つほど挙げていきますので、まさに新居への入居前という方はぜひ参考にしてください。

①空室期間について

賃貸物件への入居前には、不動産会社に対して、“空室期間”に関する質問をしましょう。
空室期間が短ければ、常に入居者で埋まっていることが多く、それだけ人気の物件という風に判断できます。
逆に、長い間誰も住んでいなかった場合、入居者にしかわからない何かしらのマイナス要素があるかもしれませんので、注意してください。
また、以前の入居者における入居期間が短い場合も、何らかのトラブルが発生した可能性があります。
したがって、空室期間と前入居者の入居期間は、セットで聞いておくことをおすすめします。

②前入居者が退去した理由について

賃貸物件への入居前には、“前入居者の退去理由”に関しても、不動産会社に聞いておくことをおすすめします。
退去の理由には、購入した住宅への住み替えや転勤、結婚等さまざまなものがありますが、中にはマイナスな理由で退去をした入居者の方もいます。
例えば、「近隣トラブルに耐えられなくなった」「前面道路の騒音がうるさかった」といった理由ですね。
もちろん、前入居者の退去理由は個人情報ですから、明確には教えてもらえない可能性もあります。
ただ、ダメもとでも聞いてみるのは大事なことです。

③過去のトラブルについて

賃貸物件への入居前には、その物件で発生した“過去のトラブル”についても、不動産会社に聞いておきましょう。
例えば、自殺や火災等の発生履歴に関しては、こちらから質問しなくても伝えてくれますが、細かいトラブル履歴に関する情報は、質問しなければ得られません。
特に、相場より賃料が多少低いにも関わらず、目に見える問題が見当たらない物件では、必ず聞いておきましょう。

④初期費用の金額について

賃貸物件への入居前には、“初期費用の金額”についても、必ず不動産会社に聞いておかなければいけません。
たとえ賃料が割安でも、敷金・礼金等の初期費用が高額の場合、用意できずに入居を断念しなければいけない可能性も出てきます。
また、不動産会社によって、その他の諸費用(仲介手数料、保証料等)の金額は異なるため、そちらに関しても併せて確認しておくべきです。
ちなみに、敷金・礼金がかからない”ゼロゼロ物件“であっても、当月分の分割賃料や前家賃、保証料や火災保険料等は必要になります。
したがって、どれだけ初期費用を抑えようと思っても、完全に無料になることは基本的にはないと考えておきましょう。
当然、実家からの引っ越し等であれば、新たにインテリアや家電製品を揃えるための費用もかかります。

まとめ

ここまで、賃貸物件への入居前、不動産会社に聞いておくべき4つのことについて解説しました。
優良な不動産会社は、こちらの質問に丁寧かつ迅速に答えてくれるため、何でも遠慮なく聞いてみましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。