浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年08月08日
4 view

賃貸物件における玄関ドアの種類とそれぞれのメリット



賃貸物件に設置されている玄関ドアには、さまざまな種類があります。
また、種類によって使い勝手やメリットも変わってくるため、より快適で自分に合った生活をしたいという方は、ぜひそれぞれの特徴を掴んでおきましょう。
ここからは、主な玄関ドアの種類と各ドアのメリットについて解説します。

①片開きドア

賃貸物件の玄関ドアの中でも、もっともポピュラーなタイプが“片開きドア”です。
右開き、あるいは左開きになっているドアで、部屋の外側に開閉するタイプが多いですね。
それほど間口は広くありませんが、このタイプに慣れ親しんでいるという方も多いかと思いますので、使い勝手の悪さは感じないでしょう。

②親子ドア

賃貸物件における玄関ドアの種類には、“親子ドア”も挙げられます。
これは、先ほど解説した片開きドアに、小さな扉を組み合わせたものをいいます。
大きな扉が親、小さな扉が子のようになっていることから、親子ドアと呼ばれています。
また、このタイプは小さい方の扉も開閉できるようになっているため、両方開ければ広い間口を確保できます。
大きな荷物を出し入れしたいときなどには、とても便利ですね。

③片袖、両袖FIX

賃貸物件における玄関ドアの種類には、“片袖FIX”、“両袖FIX”も挙げられます。
FIXとは、固定された窓のことをいい、片袖FIXは玄関ドアの左右どちらかに細長い窓が付いているタイプ、両袖FIXは両側に窓が付いているタイプを指しています。
これらのタイプは、窓の部分を開閉することができませんが、日の光を採り入れやすいため、玄関は比較的明るくなります。

④袖付スライドドア

賃貸物件における玄関ドアには、“袖付スライドドア”というものもあります。
これは、前後ではなく左右にスライドさせて開閉させるタイプの1つで、左側もしくは右側には固定された窓が付いています。
先ほど紹介した片袖、両袖FIXよりもさらに窓部分が大きくなるため、より玄関が明るい部屋に住みたいという方にはおすすめですね。

⑤外引き込みスライドドア

“外引き込みスライドドア”も、賃貸物件における玄関ドアの1つです。
これは、室外側にスライドドアが取り付けられていて、先ほど紹介した袖付スライドドアで言うところの窓の部分が、壁になっているタイプを指します。
窓から採光を得ることはできませんが、ドアがスライドするのは外側であるため、内側の壁部分を有効活用できます。

⑥2枚連動引き込みドア

賃貸物件における玄関ドアの種類には、“2枚連動引き込みドア”も挙げられます。
これは、3枚の戸が取り付けられているタイプで、左右いずれかから開閉することで、真ん中の戸が連動して動く仕組みになっています。
大きな開口部を確保できるため、高齢者の方や車椅子の方と一緒に住む方に人気です。
また、1つ1つの戸に細長い窓が付いている“袖付2枚連動引き込みドア”もあります。

まとめ

ここまで、賃貸物件に設置されている玄関ドアの種類、そしてそれぞれの特徴・メリットを解説してきましたが、いかがでしたか?
今まで、内見時に玄関ドアのタイプをしっかりチェックしていなかったという方は、今回を機に意識してください。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。