浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年08月03日
3 view

賃貸物件にワークスペースを設けることのメリットと注意点



近年は企業による在宅ワークの導入が増加していて、多くの方が自宅にワークスペースを設けるようになっています。
ワークスペースとは、文字通り仕事をする場所をいい、これがあることで在宅ワークにおけるメリットが生まれます。
ここからは、賃貸物件にワークスペースを設けることのメリットと注意点を解説しましょう。

賃貸物件にワークスペースを設けることのメリット

では、賃貸物件に住む方が、自宅にワークスペースを設けることのメリットには、一体どんなことが挙げられるのでしょうか?

①オン・オフの切り替えがしやすい
実際、在宅ワークを行っている方はわかるかもしれませんが、自宅で行う業務はオン・オフの切り替えが難しくなります。
特に、好きな場所でいつでも業務をして良いような環境を作ってしまうと、なかなか仕事ははかどりません。
賃貸物件にワークスペースを設ければ、「その場所にいるときは業務に集中する」という気持ちになれるため、上記のような悩みはある程度解消できます。

②業務の途中で片付ける必要がない
賃貸物件に専用のワークスペースを設ければ、業務の途中で片付けをする必要がありません。
逆に、コロコロ業務を行う場所を変えていると、書類等が他の家族の邪魔になったり、なくなったりする可能性が高いため、片付けの頻度も多くなります。
また、近年は在宅ワークでも情報の“機密性”が重視される時代ですから、機密情報を紛失しやすい状態にしておくべきではありません。

③散らかりにくくなる
賃貸物件にワークスペースを設けていれば、業務に関する機器や書類はすべてそこに集まるため、必然的に散らかりにくくなります。

賃貸物件にワークスペースを設ける際の注意点は?

賃貸物件に住む方がワークスペースを設けるのであれば、以下のことには注意しなければいけません。

①使い勝手が悪いと持て余してしまう
せっかく専用のワークスペースを設けたにも関わらず、使い勝手や配置が悪いと、あまりその場所で業務をしなくなってしまいます。
そして、結果的に持て余したスペースが、いつの間にかただの物置になってしまうというケースも珍しくありません。
そのため、ワークスペースを設置するのであれば、電源の位置や数、リビングへのアクセス、窓の位置、デスクやイスの種類等、さまざまなことを考慮しなければいけません。

②リビングに設けると家族に気を遣わせてしまう
ワークスペースは、仕事に集中するためには欠かせない場所ですが、これをリビングに設けてしまうと、家族に気を遣わせてしまいます。
そのため、ワークスペースは寝室等、普段家族が頻繁に使用しない場所に設けることをおすすめします。
そうすることで、家族は気を遣うことなくいつも通りの生活ができますし、仕事をする方自身も、生活音や話し声などで集中力を欠いてしまう心配がありません。

まとめ

ここまで、賃貸物件にワークスペースを設けることのメリットと注意点を見てきましたが、いかがでしたか?
まさにこれから在宅ワークの機会が増えるという方は、前述したことを参考に、自身にとっても家族にとっても理想的なワークスペースを設置しましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。