浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年07月20日
1 view

新浦安の賃貸でペットを飼う方が気を付けたいこと



これから新浦安で賃貸する方の中には、前の住居からペットを連れてくる方、またはペットを新しく飼い始める方もいるでしょう。
ただ、新浦安の賃貸でペットを飼うのであれば、気を付けていただきたいことがいくつかあります。
ここからは、具体的な注意点と対策について解説しましょう。

ペットを飼う際の注意点

これから新浦安の賃貸でペットを飼う方は、以下のことに注意してください。

①フローリングはペットがケガをする可能性がある
新しく住み始める物件の床がフローリングの場合、ペットがケガをする場合があります。
特に犬の場合は、普段地面に爪を食い込ませながら歩くため、走ったときに停止できず壁にぶつかってしまったり、跳んだときにうまく着地できなかったりすることが考えられます。
また、フローリングは比較的硬い素材であるため、ペットの関節や骨にとって良い環境にするには、ある程度対策を取らなければいけません。

②床の傷・汚れの修繕費は入居者が負担する
新浦安の賃貸でペットを飼う方は、ペットが付けた床の傷・汚れにおける修繕費を負担する必要があります。
例えば、床のひっかき傷や、掃除しても落ちない足跡などですね。
必ずしも、入居者が100%負担するとは限りませんが、ペットを飼うにあたって、これは必ず押さえておきたい注意点ですね。

ペットを飼う方の対策について

新浦安の賃貸でペットを飼う方は、ペットのケガや床に傷・汚れが付いてしまうのを防ぐために、以下のような対策を取りましょう。

①定期的に爪切り・毛のカットをする
例えば犬の場合、足の中心部分にある肉球でスリップを防止しています。
そのため、爪が伸びた状態だと、肉球がフローリングに付かず、滑りやすくなってしまいます。
したがって、ペットのケガを防ぐためには、定期的に爪切りをしてあげなければいけません。
また、爪が長いと、床に傷も付きやすくなってしまいます。
もっと言えば、肉球の周りにある毛も、転倒防止のためこまめにカットする必要があります。

②フロアマット、カーペットを設置する
ペットのケガや傷・汚れを防止するためには、フロアマットやカーペットを設置するのも有効です。
これらが備わっていれば、転倒時のダメージは軽減されますし、直接床に傷や汚れが付く可能性も低くなります。
また、掃除のしやすさを考えるのであれば、小さなサイズのものを組み合わせたタイルカーペットを購入すべきですね。

③すべり止めスプレーを散布する
フロアマットやカーペットが設置できないような場所には、すべり止めスプレーを散布することで、ペットのケガを防げます。
特に、犬を飼う場合におすすめなのは、犬専用のすべり止めスプレーですね。
これは、散布から乾くまでが非常に早く、万が一犬が床を舐めてしまっても、健康被害が出ないような素材で作られているものです。
値段も安価なため、すぐ実践できるのがメリットですね。

まとめ

ここまで、新浦安の賃貸でペットを飼う方が気を付けたいこと、それらの対策について解説してきました。
ペットを飼う以上は、入居者の方自身にとっても、ペットにとっても快適な賃貸ライフを実現しなければいけません。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。