浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年07月19日
3 view

新浦安で賃貸する方必見!“キッチンパントリー”とは?



新浦安の賃貸物件に住むのであれば、やはり設備が充実しているところを選びたいですよね。
特に、普段料理を頻繁にする方は、キッチン周りの設備を重視するでしょう。
今回は、新浦安で賃貸する方に向けて、非常に便利な設備である“キッチンパントリー”の概要やメリットについて解説したいと思います。

キッチンパントリーの概要

キッチンのすぐ近くにある大きめの収納スペースを“キッチンパントリー”といいます。
日本語では、“食品庫”と訳されることが多いですね。
具体的には、食材や調味料、調理器具などを保管するための場所で、普段料理をする方にとっては非常に重宝します。
また、キッチンパントリーには、大きめの扉を開けたらすぐ棚が付いているタイプもあれば、扉を開けて中に入り、歩いて食材等を探せるウォークインタイプもあります。

キッチンパントリーのメリット

では、新浦安で賃貸する方がキッチンパントリー付きの物件に住むことには、一体どんなメリットがあるのでしょうか?

①キッチンの見た目を良くできる

新浦安で賃貸する方がキッチンパントリー付きの物件に住むメリットとしては、まず“キッチンの見た目を良くできる”ということが挙げられます。
自炊する機会の多い単身者の方や、子どもを持つ主婦の方などは、食材を購入する頻度も多くなりますが、それらをキッチンの見えるところに置いていると、どうしても見た目がゴチャゴチャしてしまいます。
また、シンクやコンロの上下にある収納スペースを活用しようにも、すべて入りきらないこともあるでしょう。
そんなとき、十分なスペースを有するキッチンパントリーがあれば、大体のものはそこに収納でき、キッチンは綺麗な見た目になります。

②食材をストックできる

新浦安で賃貸する方がキッチンパントリー付きの物件を選ぶメリットには、“食材をストックできる”ということも挙げられます。
先ほども言ったように、キッチンパントリーには十分な広さがあるため、米や水等のかさばる食材でも、大量にストックすることが可能です。
また、近年は日本において、地震や台風などの災害が起こる機会も増えていますから、有事に備えて食材を購入しておきたいという方も多いでしょう。
そのような考えの方にとっても、キッチンパントリーは使い勝手の良い設備となります。

③キッチンを広く使える

新浦安で賃貸する方がキッチンパントリー付きの物件に住むメリットには、“キッチンを広く使える”ということも挙げられます。
広々としたキッチンが付いた物件に入居できたとしても、調理スペースにたくさんのものが置いてあると、機能性が半減してしまいます。
ただ、そこに置いてあるものをすべてパントリーに移せば、キッチンは広々と使えるようになります。
必要なときにだけパントリーから取り出し、調理が終わった後に片付けるというようなイメージですね。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方に向けて、キッチンパントリーという便利な設備について解説してきました。
棚の奥行が広く、なおかつ玄関とキッチンの両方からアクセスできるような造りのパントリーであれば、より快適な自炊生活を送れるでしょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。