浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年07月13日
5 view

新浦安で賃貸する方必見!洗濯物収納のポイントについて



これから新浦安の賃貸で1人暮らしをする方の中には、進学や就職などをきっかけに、初めて実家を離れるという方もいるでしょう。
また、そのような方は、今まであまり家事をしたことがないかもしれませんね。
今回は、新浦安の賃貸で初めてしっかり家事をするという方に向けて、洗濯物収納のポイントをお教えします。

①しっかり乾燥させてから収納する

新浦安の賃貸で、初めてちゃんと洗濯をするという方は、必ずしっかり乾燥させてから洗濯物を収納しましょう。
当然のことですが、湿ったまま洗濯物を収納してしまうと、いわゆる“生乾き”になってしまいます。
生乾きの臭いは、なんとも言えない独特な臭いです。
また、1度洗濯物に付いてしまうと、なかなか取れなくなることもあります。
したがって、お気に入りのシャツを収納するときなどは、特に注意が必要ですね。
しっかり乾いているかどうか気になる方は、浴室乾燥機等も使用しましょう。
浴室乾燥機を使用すれば、ジーンズなど乾くまでに時間がかかるものでも、1時間もかからないうちに乾かすことができます。

②型崩れに注意する

新浦安の賃貸で初めて洗濯をしっかりする方は、洗濯物の型崩れにも注意しましょう。
例えば、スーツやカッターシャツ等の服に関しては、畳んで収納することはあまりおすすめできません。
これらはシワが付きやすいものであり、畳んで入れるといざ着ようとしたときに見た目が悪くなってしまいます。
また、学生の場合、スーツやカッターシャツは面接等、重要なシーンで着ることが多いですから、特に型崩れしないように注意しましょう。
クローゼットがあれば、ハンガーに干した状態で保管することをおすすめします。

③除湿剤を入れる

新浦安の賃貸で初めてちゃんと洗濯をする方は、洗濯物を収納するスペースに除湿剤を入れることも忘れてはいけません。
特に毎日雨が降り続くような季節は、タンスやチェスト、クローゼットの中に強烈な湿気が発生します。
そのため、除湿剤を入れ忘れると、久々に取り出したシャツやパンツがカビだらけになっていることも考えられます。
もちろん、除湿剤と併せて、大事な服を虫から守るための防虫剤も必ず入れておきましょう。

④丸めて収納する

新浦安で賃貸する方は、ハンガーにかけて収納する洗濯物以外、畳んだ状態でなく丸めて収納するのをおすすめします。
特に、あまり収納スペースが確保できない物件に住んでいる方は、ぜひ実践してみましょう。
なぜなら、畳んだ状態からさらに丸めた方が、たくさんの服を収納できる可能性が高いからです。
また、ただ重ねて収納するよりも、自分が着たい服をすぐ取り出しやすくなります。
もちろん、畳まずにそのまま丸めてしまうと、タンスやチェストの中がぐちゃぐちゃになってしまうため、“1度畳む”というのは忘れてはいけません。

まとめ

ここまで、主に新浦安で賃貸する1人暮らしの方に向けて、洗濯物収納のポイントを解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
洗濯は生きていく上で必ず必要な家事であるため、できるだけ知識を多く身に付けることに越したことはありません。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。