浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年07月10日
4 view

新浦安で賃貸する方必見!日当たりが良くない物件の利点



新浦安で賃貸する物件を探している方の中には、日当たりの良さを最優先に考えている方もいるでしょう。
日当たりが良ければ、太陽の日差しでスッキリ目覚められますし、洗濯物はよく乾きますからね。
ただ、実は日当たりが良くない物件にも、いくつかの利点があります。
今回はその利点について解説しましょう。

①賃料が安いケースが多い

新浦安で賃貸する方が日当たりの良くない物件に住む利点としては、まず”賃料が安いケースが多い“ということが挙げられます。
冒頭で触れたように、「とにかく日当たりの良い物件に住みたい!」という方はとても多いです。
また、日当たりが良い物件の代表格である“角部屋”には、他にも騒音が聞こえにくい、プライバシーを確保しやすいといったさまざまな利点があるため、人気が高く、その分賃料も高く設定されています。
その点、日当たりが良くない物件は、いわばあまり人気のない物件ですので、必然的に賃料は安くなりやすいです。
したがって、なるべく賃料を抑えたい方は、日当たりが良くない物件を選んでも良いでしょう。

②夏場に暑くなりにくい

新浦安で賃貸する方が日当たりの良くない物件を選ぶ利点には、“夏場に暑くなりにくい”ということも挙げられます。
日当たりが良い物件は、強い太陽の光が差し込むため、夏場の室内の気温は上昇しやすいです。
その点、日当たりが良くなければ、夏の暑い時期でも比較的涼しく、場合によってはエアコンをつけず、扇風機だけで過ごせることも考えられます。
したがって、「暑いのは苦手だけど、エアコンの風はもっと苦手…」という方にはおすすめですね。

③日焼けを防止できる

新浦安で賃貸する方が日当たりの良くない物件に住む利点には、”日焼けを防止できる“ということも挙げられます。
日当たりが良い物件の最大の敵は、なんといっても日焼けです。
カーテンや部屋に設置しているインテリア、アイテムなどに長時間日が当たることで、日焼けして変色してしまいます。
逆に、日当たりが良くなければ、このような心配もありません。
そのため、窓際にお気に入りのインテリアやアイテムを置いても問題ないでしょう。

日中家にいる時間が短い方は日当たりを重視する必要なし!

いくら日当たりが良い物件でも、もちろん日が沈む時間帯に太陽の光が差し込むことはありません。
強い光が差し込むのは、あくまで朝~夕方の間のみです。
したがって、単身者のサラリーマンの方など、日中家にいる機会がほとんどないという方は、それほど日当たりを重視しなくても良いでしょう。
誰もいない部屋に強い光が差し込んでも、あまり意味はありませんからね。
また、休日も比較的外で過ごすことが多いという方や、夜中に仕事をして朝に就寝するという方も、日当たりの良い部屋に絞って物件探しをする必要はありません。

まとめ

新浦安でこれから賃貸する方は、日当たりが良くない物件も1度チェックしておきましょう。
もちろん、日当たりが良い物件が悪いというわけではありませんが、両方を比較することで、初めて自分に向いている物件がどちらなのかわかるかもしれません。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。