浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年07月03日
4 view

新浦安で賃貸する方が知っておくべき入居日のルール



これから新浦安で賃貸する方の中には、すでに賃貸借契約を結んでいる状態にも関わらず、当初の入居日に入居できなくなったという方もいるでしょう。
では、このような場合、入居日を変更してもらうことは可能なのでしょうか?
今回はその点も含めて、新浦安で賃貸する方が知っておくべき入居日のルールを解説します。

すでに決まっている入居日は変更できる?

これから新浦安で賃貸する方が、すでに賃貸借契約を結んでいる場合、基本的に入居日は変えられません。
なぜなら、賃料は入居日から発生するものであり、そこを変更してしまうと、不動産会社やオーナーの計算が狂ってしまうからです。
もちろん、場合によっては変更に応じてもらえる可能性もありますが、無理な可能性の方が高いということは理解しておきましょう。

入居日に入居できなかったらどうなる?

新浦安で賃貸する方は、基本的にあらかじめ賃貸借契約で決められている入居日を変更できません。
また、もし変更できたとしても、さまざまな問題が生じます。
まず、忙しくて現住居から退去できないことが原因で、新居への入居が遅れてしまった場合、“二重賃料”になってしまいます。
これは、現住居と新居の賃料を同時に支払わなければいけない状況ですね。
まだ住み始めてもいない物件の賃料を支払うことほど、もったいないことはありません。
もちろん、賃貸借契約で入居日が決まっている以上、「まだ入居してないから賃料は支払わない」というような言い分も通らないため、注意しましょう。

入居日が決まるまでの流れは?

これから新浦安で賃貸する方は、入居日が決まるまでの流れも把握しておきましょう。
具体的には以下の通りです。

①入居可能日をチェック
賃貸物件の入居審査に通過したら、まず最短で入居できる日を確認します。
これは、管理会社で確認することができ、早ければ審査に通過した翌日、遅くても1ヶ月以内となるケースがほとんどです。

②退去する旨を現住居のオーナーに伝える
新しい物件に入居できることが決定した後は、現住居のオーナーに退去する旨を伝えましょう。
また、退去する旨を伝える流れで、そのまま退去日も決定できれば、スムーズに手続きが進みます。

③入居日を決める
現住居の退去日を新しい住居のオーナー、または管理会社に伝えたら、その後は自身の都合の良い日を入居日として定めます。
あとは、退去日と近い日に設定した入居日に、引っ越しをするのみです。

入居日を変えることでペナルティはあるの?

新浦安で賃貸する方は、もし入居日を変更することになっても、特にペナルティを課せられることはありません。
ただ、これから長期間その賃貸物件に住もうと考えている方は、やはりなるべく入居日を変更しないようにしましょう。
なぜなら、入居の時点で手続きをややこしくしてしまうと、いきなりオーナーや管理会社の心象を悪くしてしまうからです。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方が知っておくべき、賃貸物件における入居日のルールについて解説してきました。
入居日を変更するのは不可能ではありませんが、できるだけ変えることがないように、最初から慎重に設定することを心掛けましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。