浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年05月18日
10 view

新浦安で賃貸する方必見!快適な寝室の作り方



賃貸物件での生活において、快適な寝室を作ることはとても重要です。
良い睡眠が取れなければ、疲れを癒すことはできませんし、明日のエネルギーを蓄えることもできないからです。
したがって、今回は新浦安で賃貸する方に向けて、快適な寝室の作り方について解説したいと思います。

寝室にするべき部屋について

リビングの他に複数部屋がある間取りに引っ越すは、どの部屋を寝室にしようか悩むかもしれません。
そんなときは、以下のポイントをチェックした上で決定しましょう。

①方角について
新浦安で賃貸する方は、寝室にするべき部屋を決定する際、まず方角をチェックしましょう。
方角が違えば、寝室への日差しの入り具合も違ってきます。
したがって、自身がどのような環境を望んでいるのかを踏まえた上で、その方角にある部屋を寝室にするべきです。
方角ごとの特徴は、以下を参考にしてください。

• 東:午前中以外は日差しが弱いため、夏は涼しく冬は寒い
• 西:夕方の西日によって熱が溜まるため、夏は暑く冬は暖かい
• 南:日差しが強いため、夏は暑く冬は暖かい
• 北:日差しが弱いため、夏は涼しく冬は寒い

つまり、新浦安で賃貸する方で、暑いのが苦手な方は東か北、寒いのが苦手な方は西か南を寝室にすべきだということですね。

②騒音について
新浦安で賃貸する方が快適な寝室を作るには、騒音も考慮して部屋を選ばなければいけません。
例えば、ファミリー世帯であれば、夜でも他の家族が出入りするようなリビング、トイレなどからは離れた部屋を寝室にすべきです。
また、もし間取りの関係上それが難しいのであれば、ベッドの頭側を他の部屋がある向きと逆にするなどして工夫しましょう。

寝室のレイアウトについて

続いては、新浦安で賃貸する方が快適に過ごせる寝室のレイアウトについて解説したいと思います。
寝室は、ただ単に寝るだけの部屋ではありません。
実際眠りにつく前には、本などを読んでゆっくりする時間もあるでしょうし、外出前の身支度なども多くの方は寝室で行います。
したがって、ベッドだけでスペースを取りすぎると、サイドテーブルや本棚、タンスなど、その他の家具が設置できなくなってしまうため、注意しましょう。
また、クローゼットがあらかじめ設置されている場合は、扉を開閉しても十分スペースが余るかどうかをチェックすべきです。
具体的には、クローゼットを開けたとき、手前にできるスペースが70~80cm程度あると、服なども取り出しやすいですし、その場で身支度もしやすくなります。
もちろん、寝室では設置するカーテンの種類も重要です。
朝起きて夜寝るという生活リズムの方は、光を通しやすい素材のカーテンを選ぶべきですが、夜に仕事をして朝に就寝するという生活リズムの方は、遮光カーテンを設置しましょう。
なぜなら、就寝する時間にたくさんの光が部屋に入ると、睡眠の妨げとなってしまうからです。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方が実践すべき、快適な寝室の作り方について解説してきました。
たとえ少し狭い間取りであっても、寝室の作り方を間違えなければ、生活の質は大きくアップするでしょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。