浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年05月23日
4 view

新浦安で賃貸する女性が引っ越すべきなのは産前?産後?



これから新浦安で賃貸する女性には、出産を間近に控えているという方もいるでしょう。
出産に伴い、より広い部屋に引っ越すというケースは多いですからね。
では、今後出産を控えている女性は、産前に引っ越すべきなのでしょうか?
それとも、産後に引っ越すべきなのでしょうか?
今回は、それぞれのメリットを解説します。

産前の引っ越しにおけるメリットは?

まずは、新浦安で賃貸する女性が産前に引っ越すことのメリットを見ていきましょう。

①荷物が少ない
子どもが生まれると、それに伴ってさまざまなアイテムを購入しなければいけません。
例えば、ベビーカーやベビーベッドなどですね。
荷物が多くなれば、当然引っ越しの負担は大きくなりますが、産前であれば、まだ上記のアイテムを購入していないことも考えられるため、比較的引っ越ししやすいでしょう。

②荷造りに時間を費やせる
産後の場合、授乳やオムツの交換などをしなければいけないため、なかなか荷造りに時間を費やせません。
一方で、産前なら荷造りを比較的スムーズに行えるでしょう。

③引っ越しに伴う手続きがしやすい
これから新浦安で賃貸する女性は、産前に引っ越すことで、引っ越しに伴う手続きがしやすくなります。
なぜなら、赤ちゃんを連れて役所等を訪れる必要がないからです。

産後の引っ越しにおけるメリットについて

では、新浦安で賃貸する女性が産後に引っ越すメリットには、一体どんなことが挙げられるでしょうか?

①病院を変更する必要がない
産前に引っ越す場合、転居前と転居後で、通院する病院を変えなければいけない可能性があります。
必ずしも、前住居と新居の距離が近いとは限りませんからね。
一方、産後の引っ越しであれば、引っ越し後に新しい病院を見つけ、そこに転院するという負担はなくなります。

②必要な広さを見極めやすい
新浦安で賃貸する女性が産後に引っ越す場合、新居における必要な広さを見極めやすくなります。
なぜなら、産後はすでに赤ちゃん用のアイテムが揃っていて、どれくらいのスペースが必要かわかりやすいからです。
逆に、産前に引っ越すと、出産してアイテムを揃えたとき、意外と部屋が狭く感じてしまう可能性があります。

産前と産後、おすすめはどっち?

新浦安で賃貸する女性は、できれば産後に引っ越すことをおすすめします。
もちろん、産前の引っ越しにもメリットはありますが、やはりお腹に赤ちゃんがいる状態で作業をするのは危険です。
また、産後に引っ越すといっても、出産直後は控えましょう。
出産直後の女性は、“産褥期(さんじょくき)”を迎えます。
これは、産後身体が妊娠前の状態に戻るまでの期間をいい、この時期に無理をしてしまうと、回復が遅れたり、育児に必要な体力を補えなかったりと、後々支障が出てきてしまいます。
ちなみに、産褥期の期間については個人差がありますが、一般的には6~8週間ほどかかると言われています。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する女性は産前に引っ越すべきなのか、それとも産後に引っ越すべきなのかについて解説しました。
今回解説したことは、女性だけでなくパートナーの男性も必ず把握しておかなければいけません。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。