浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年05月21日
5 view

これから新浦安で賃貸する方必見!6月の引っ越しについて



これから新浦安で賃貸する方の中には、6月中の引っ越しを目指している方もいるでしょう。
では、6月に行う引っ越しには、一体どのような特徴があるのでしょうか?
また、6月の物件探しにおけるコツには、どのようなことが挙げられるでしょうか?
詳しく解説しますので、ぜひご覧ください。

6月の引っ越しにおける特徴は?

これから新浦安で賃貸する方に向けて、まずは6月の引っ越しにおける特徴を解説したいと思います。
具体的には以下の通りです。

①1~4月よりも賃料設定は低め
6月は、決して物件探しをする方が多い時期ではありません。
進学、あるいは就職に伴う引っ越しの時期はすでに過ぎていますし、梅雨も重なってしまうからです。
また、6月には祝日が存在しません。
そのため、まとまった休みが取れず、6月中の引っ越しを断念するという方もいます。
このような理由から、賃貸物件のオーナーが少しでも入居者を募集しようと、1~4月よりも賃料を低く設定しやすくなるというのが、6月の引っ越しにおける大きな特徴です。

②引っ越し費用が安い
6月は物件探しをする方が少ない時期のため、当然引っ越し業者を利用する方も少なくなります。
したがって、繁忙期といわれる3~4月よりも、30,000円前後引っ越し費用は安くなるでしょう。
また、業者が引っ越し費用の値引き交渉に対応してくれる可能性も高いです。

6月の物件探しにおけるコツ

続いては、これから新浦安で賃貸する方に向けて、6月の物件探しにおけるコツを紹介したいと思います。
以下の3つのことを心掛ければ、理想の物件に出会いやすくなるでしょう。

①連休を取る
先ほど解説したように、6月には祝日がないため、多くの方はなかなか連休が取れません。
ただ、もし連休が取れるのであれば、他の入居希望者よりもゆったり時間を使って物件探しができるため、必然的に理想の物件には出会いやすくなります。

②雨の日を狙う
これから新浦安で賃貸する方が、6月中の引っ越しを目指すのであれば、あえて雨の日を狙って内見に行きましょう。
6月は梅雨のシーズンであり、雨が何日も降り続く場合もありますが、雨の日の方が確実に他の内見者は少なくなります。
したがって、自身の物件探しにより多くの時間を使ってもらえます。

③気になる物件はすぐ見に行く
これから新浦安で賃貸する方が6月中の引っ越しを目指すなら、気になる物件はすぐ見に行くようにしましょう。
なぜなら、6月はそれほど多くの新着物件が公開されないからです。
つまり、自分が気になっている物件は、他の入居希望者の多くが気になっている物件である可能性が高いということですね。
このような状況で、内見に行くのをためらっていたり、面倒に感じていたりすると、すぐ他の入居者に先を越されてしまいます。
細かくいえば、新着の気になる物件を見つけるたびに、何度も内見に足を運ぶことをおすすめします。

まとめ

今回は、これから新浦安で賃貸する方に向けて、6月の引っ越しにおけるポイントを解説してきました。
6月は決して引っ越しに向いている時期ではありませんが、工夫次第ではスムーズに理想の物件に入居することができます。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。