浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年05月16日
8 view

新浦安で賃貸する方が平日に内見すべき理由



これから新浦安で賃貸する方の多くは、仕事などの都合上、平日ではなく土日に内見をしようと考えているでしょう。
ただ、賃貸物件の内見は、なるべく平日に行うことをおすすめします。
なぜなら、平日の内見には、休日にはないあらゆるメリットがあるからです。
詳しく解説しましょう。

平日に内見すれば1件1件に時間を費やせる

新浦安で賃貸する方が平日に内見すれば、1件1件の内見に多くの時間を費やせます。
その理由はもちろん、土日よりも不動産会社を訪ねる方が少ないからです。
したがって、賃貸物件における設備や機能などについて、チェックし忘れる可能性も低くなります。
これは大きなメリットですね。

たくさんの物件を内見できる

新浦安で賃貸する方は、土日よりも平日の方がたくさんの物件を内見できる可能性が高いです。
これも、来客が少ないことで、1人の担当者が1組の来客に使える時間が多くなることが理由です。
逆に、土日は不動産会社に訪れる方が多く、多くても2~3件しか内見できないというケースも珍しくありません。

普段の生活環境を把握しやすい

新浦安で賃貸する方は、土日よりも平日に内見する方が、その物件における普段の生活環境を把握しやすいです。
例えば、土日は近くの交通量が少なくても、平日は非常に多いというケースがあります。
これは、普段自家用車で通勤する方にとって重要な情報ですし、土日の内見ではなかなか知ることができません。
もちろん、逆に土日の生活環境は平日には把握できませんが、平日と土日、どっちの方が過ごすことが多いかを考えれば、優先順位は明確でしょう。

好条件の物件が見つかりやすい

新浦安で賃貸する方が平日に内見をすれば、比較的好条件の物件が見つかりやすくなります。
なぜなら、不動産会社の多くは、来客の多い土日に間に合わせるため、平日のうちに新着物件を公開するからです。
特に、不動産会社の繁忙期には、他にも部屋を探している方が多くなるため、遅れをとらないためにも平日に内見すべきです。

特におすすめなのは何曜日?

平日の中でも、特におすすめなのは金曜日です。
金曜日は、多くの不動産会社が営業していますし、土日に仕事がない方であれば、午後から内見しても翌日の負担は軽減されます。
逆に、平日の中でもおすすめできないのは水曜日です。
なぜなら、ほとんどの不動産会社は、水曜日を定休日としているからです。
また、その主な理由としては、“水”という言葉が不動産会社にとって縁起が悪いことが挙げられます。
具体的には、水害や“契約が水に流れる”ということを連想してしまうからですね。
ただ、現在不動産会社において、上記のような考えが根強く残っているかというとそうでもなく、「昔から水曜日が休みの不動産会社が多かったから」という理由で、水曜日を定休日にしているところも多く存在します。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方が平日に内見をすべき理由を中心に解説してきました。
土日に内見したい方が多いのは百も承知ですが、物件の探しやすさ、あるいは入居後のことも考えると、やはり平日に内見した方が良いでしょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。