浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年04月29日
8 view

新浦安で賃貸する単身者の方必見!冷蔵庫の選び方



新浦安で賃貸する方が行う重要な作業に、家電製品の選定が挙げられます。
また、中でも特に熟考して選んでいただきたいのが、家電製品の中でも高価なものである“冷蔵庫”です。
ここからは、新浦安で賃貸する単身者の方における、冷蔵庫の選び方について解説します。
ぜひご覧ください。

自炊が多いか少ないかで選ぶ

単身者の方は、自炊を頻繁に行う方とそうでない方に分かれます。
新浦安で賃貸する方で、毎日のように自炊をする方は、200~300リットルくらいの容量で、なおかつ冷蔵室、冷凍室、野菜室がすべて揃っている冷蔵庫を選びましょう。
逆に、普段まったくと言っていいほど自炊をしないという方は、100リットル以下の冷蔵庫でも問題ありません。
ただ、料理をしない単身者の方にとって冷凍食品は重宝するため、冷凍室は広めの方が良いですね。

天板の仕様を見て選ぶ

新浦安で賃貸する単身者の中には、背の低い単身者用の冷蔵庫の上に、電子レンジ等を置こうと考えている方もいるでしょう。
ただ、この場合は、天板が耐熱仕様になっている冷蔵庫を購入しなければいけません。
もし耐熱仕様でない場合、電子レンジ等は別のスペースに置く必要があるからです。
ちなみに、単身者用物件のキッチンは基本的にコンパクトであるため、冷蔵庫の上も活用できた方が何かと便利ですね。

設置場所の状況に合わせて選ぶ

新浦安で賃貸する単身者の方は、設置場所の状況に合わせて冷蔵庫を選ぶのも忘れないようにしましょう。
自分にピッタリの冷蔵庫を購入できたとしても、設置場所の状況によっては使いにくくなってしまうからです。
例えば、キッチンの左側に冷蔵庫の設置スペースがある場合、扉が左開きの方が使い勝手は良いでしょう。
また、コンセントの位置がどこにあるのかに関しても、購入前にしっかりチェックしておくことをおすすめします。

音で選ぶ

新浦安で賃貸する単身者の方は、音が大きくないかどうかで冷蔵庫を選ぶことも大事です。
特にワンルーム物件に住む方は、庫内の温度を下げるための音がなるべく静かなものを選びましょう。
なぜなら、ワンルームは冷蔵庫があるスペースと生活スペースが同じであり、就寝時などに音が気になることがあるからです。
ただ、キッチンと生活スペースが仕切られている物件の場合、そこまで音を気にする必要はないでしょう。

デザインで選ぶ

新浦安で賃貸する単身者の方は、デザインを見て冷蔵庫を選ぶことも考えましょう。
もちろん、デザインだけで選ぶと使い勝手は二の次になってしまいますが、あまりにも内装のデザインと合わないものを選んでしまうと、不自然な配色になってしまいます。
また、“冷蔵庫=白、シルバー”というイメージが強いかもしれませんが、黒や赤、水色などカラーバリエーションは豊富であるため、他の機能の有無と併せてチェックすることを忘れてはいけません。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する単身者の方における、冷蔵庫の選び方を見てきました。
冒頭でも触れたように、冷蔵庫は比較的高価な買い物となるため、機能や設置場所との兼ね合いをチェックせずに購入するのは控えましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。