浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年04月26日
10 view

新浦安で賃貸する方必見!4月の引っ越しがしやすいワケ



新浦安で賃貸する方の中には、どうしても4月中に入居する物件を決めたいという方もいるかと思います。
ただ、4月は非常に引っ越しに向いている時期だとされているため、安心してください。
今回は、新浦安で賃貸する方に向けて、4月の引っ越しがしやすいワケについて解説します。

4月が引っ越しに向いている理由とは?

4月が引っ越しに向いているというイメージを持っている方は、それほど多くないかもしれませんね。
では、なぜ引っ越ししやすいのかを具体的に解説しましょう。

ライバルが少なくなるから

新浦安で賃貸する方が4月に引っ越ししやすい理由には、まず“ライバルが少なくなる”ということが挙げられます。
不動産会社や引っ越し業者の繁忙期は、新生活が始まる前の1~3月です。
したがって、新生活を始める方の多くは、4月に入るまでに入居する物件を決めているため、4月に入った途端、ライバルの数は一気に減少します。
もちろん、繁忙期よりも募集物件は少なくなりますが、ライバルが少ない分、候補物件に先に入居されるということは少なくなりますし、1件1件をじっくり内見できます。

値下げ交渉がしやすいから

新浦安で賃貸する方が4月に引っ越ししやすい理由としては、“値下げ交渉がしやすい”ということも挙げられます。
賃貸物件のオーナーは、繁忙期になんとか空室を埋めようと考えますが、もちろん必ず埋まるとは限りません。
したがって、4月に訪れる入居希望者に対しては、値下げ交渉に応じてでも入居してほしいという気持ちが強いのです。

賃料が安いケースが多いから

“賃料が安いケースが多い”ということも、新浦安で賃貸する方が4月に引っ越ししやすい理由の1つです。
1~3月の繁忙期は、多くの賃貸物件が賃料を高めに設定しています。
これは、多少高い賃料であっても、入居を希望する方が多いからです。
ただ、4月になると入居希望者は一気に少なくなるため、オーナーは賃料を下げてでも入居者を確保したいと考えます。
これが、4月の賃貸が安いケースが多い理由です。

4月の引っ越しにおける注意点とは?

新浦安で賃貸する方が4月に引っ越しする場合、注意してもらいたことが2つあります。
まず1つ目は、”物件の数が少ない“ということです。
物件数が少ないということは、繁忙期よりも選択肢が狭くなるということであり、たとえ賃料が安い物件、値下げ交渉ができる物件が見つかったとしても、100%理想の物件を見つけるのは決して簡単ではありません。
そして2つ目は、“後半は引っ越し費用が高くなる”という点です。
4月の後半に差し掛かると、5月のゴールデンウィークを利用して引っ越そうと考える方が増えます。
つまり、ライバルが増えるということですね。
したがって、4月に引っ越しをするのであれば、もっとも入居希望者が集まりにくい中旬ごろを狙うのがおすすめです。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方に向けて、4月の引っ越しがしやすい理由を解説してきました。
まさにこれから引っ越しをするという方は、4月のメリットを活かし、理想の賃貸物件をできるだけじっくり選定しましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。