浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年04月18日
10 view

新浦安で賃貸する方必見!タイプ別・入居審査難易度



「入居審査に通らなかったらどうしよう…」
賃貸物件探しをする方の中には、上記のような悩みを抱えている方もいるでしょう。
したがって、今回はこれから新浦安で賃貸する方に向けて、入居審査の難易度をタイプ別に解説したいと思います。
該当する方は、ぜひ参考にしてください。

個人事業主の入居審査難易度

まずは、これから新浦安で賃貸する個人事業主の入居審査難易度について解説します。
個人事業主の方でも、安定した収入があることを証明でき、なおかつ他の必須項目をクリアできるのであれば、基本的に入居審査に落ちることはありません。
したがって、入居審査の難易度はそれほど高くないと言えます。
また、個人事業主がクリアすべき必須項目は以下の通りです。

 連帯保証人を用意する
 収入に合った賃料の部屋を選ぶ
 身なりを整える

ちなみに、安定した収入があることを証明するには、”住民税課税証明書“や”確定申告書の控え“、”納税証明書“などを用意する必要があります。
このとき、契約している企業が大手企業であることを他の書類で証明できればなお良いですね。

水商売の方の入居審査難易度

続いては、これから新浦安で賃貸する水商売の方の入居審査難易度について解説しましょう。
水商売の方は、入居審査の難易度が少し高いと言われています。
なぜなら、オーナーに「離職率が高い」「収入が安定していない」「トラブルを起こしそう」というイメージを持たれやすいからです。
ただ、もちろん水商売の方であっても、個人事業主と同じように安定した収入を証明し、連帯保証人を用意すれば、基本的には審査を通過できます。
また、もし通常の審査が不安なのであれば、“預貯金審査”をしてもらいましょう。
これは、収入ではなく預貯金で信用してもらえるかを図る審査方法であり、入居したい物件の賃料25ヶ月分程度の預貯金があれば、審査に通りやすくなります。

無職の方の入居審査難易度

最後に、これから新浦安で賃貸する無職の方の入居審査難易度について解説しましょう。
結論からいうと、無職の方の入居審査難易度は非常に高いです。
理由はもちろん、定期的な収入がなく、支払い能力が低いと判断されてしまうからです。
ただ、無職の方は絶対入居審査に通らないのかと言われると、決してそういうわけではありません。
例えば、両親等の名義で申し込む“代理契約”であれば、代理人の収入を考慮して審査されるため、無職の方でも通過できる可能性は十分にあります。
もちろん、代理人に定期的な安定した収入があることは前提です。
また、マンスリーマンションやウィークリーマンションなど、賃料を前払いする形式の賃貸物件の場合、たとえ支払い能力が低くても、持ち合わせがあれば入居できます。
ちなみに、今は無職でも、「貯金を切り崩しながら転職活動をしている」というような方は、先ほども解説した預貯金審査をしてもらいましょう。

まとめ

ここまで、新浦安でこれから賃貸する方に向けて、入居審査の難易度をタイプ別に解説してきました。
新浦安で賃貸するときは、「無職だから」「水商売だから」という理由で簡単に諦めず、入居審査に通りやすくなる方法を模索しましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。