浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年04月13日
10 view

新浦安で賃貸する方必見!お風呂のチェックポイント5選



新浦安で賃貸する方の中には、できるだけお風呂で快適な時間を過ごしたいという方もいるでしょう。
では、快適なお風呂を選ぶためには、一体どのようなところをチェックすれば良いのでしょうか?
ここからは、具体的なチェックポイントを5つほど解説しますので、ぜひ参考にしてください。

①湯船の形状

新浦安で賃貸する方は、まずお風呂に設置された湯船の形状をチェックしましょう。
湯船の形状には、主に以下の4つが挙げられ、それぞれ異なる特徴を持っています。

①ストレートライン
もっともオーソドックスな形状で、比較的深めに設計されています。
したがって、肩までゆったり浸かる全身浴に適しています。

②ラウンドライン
湯船を構成するラインが丸みを帯びているタイプです。
基本的に湯船の上部が広がりを持たせるような構造のため、ゆったりとした体制で入浴できます。

③Sライン
内側にS字型の段差が設けられているタイプで、段差の上に足を乗せたり、腰かけたりすることができるため、好きなスタイルで入浴できます。

④ワイドタイプ
通常よりも広めに設計された湯船です。
1人で入る場合、手足を伸ばして広々と使うことができ、親子でもゆったり浸かれるのが特徴です。

②シャワー

新浦安で賃貸する方は、お風呂に設置されたシャワーもチェックしましょう。
例えば、マイクロバブルなどが使えるシャワーヘッドであれば、自宅でもスパのような気分を味わえます。
また、シャワーをチェックするのであれば、ヘッドの交換が可能かどうかもチェックしておきましょう。

③シャワーフック

新浦安で賃貸する方は、お風呂に設置されているシャワーフックも忘れずに確認しましょう。
シャワーフックとは、シャワーを掛けるための設備であり、多機能なものの方がお風呂で快適な時間を過ごせます。
例えば、高さを自由に変えられる“スライドバー”付きのものはおすすめですね。
また、シャワーの角度を調節できるシャワーフックであれば、頭や身体を洗う際の負担が小さくなります。

④蛇口

新浦安で賃貸する方は、お風呂に設置された蛇口もしっかりチェックすべきです。
お風呂に設置される蛇口には、主に“台付き”と“壁付き”の2種類があります。
台付きは、浴槽部分または身体を洗うスペースの台に蛇口が付いているタイプで、壁付きは文字通り壁に取り付けられているタイプです。
また、実用性とデザイン性を兼ね備えたタイプを選びたいのであれば、壁付きの“レバータイプ”をおすすめします。
レバータイプであれば、蛇口とシャワーの切り替えや温度調節も簡単です。

⑤給湯器

ついつい忘れがちですが、新浦安で賃貸する方は、お風呂のお湯を出すために必要な給湯器もチェックしましょう。
具体的には、型番が古くなっていないかどうかのチェックですね。
なぜなら、あまりにも型番が古いと、入居後すぐに寿命が来てしまい、数日間お風呂が使えなくなってしまう可能性があるからです。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸するお風呂好きの方に向けて、これから入居する物件においてチェックポイントを解説してきました。
たとえ賃貸物件であっても、チェックするポイントさえ押さえておけば、お風呂で快適な時間を過ごすことは可能です。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。