浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年04月12日
7 view

新浦安で賃貸する方が転居費用を減らすためのアイデア



新浦安でこれから賃貸する方の中には、あまり転居費用を捻出できないという方もいるでしょう。
また、新しい家に住み始めた後には、必要なものを揃える費用もかかるため、なるべく転居費用は抑えたいですよね。
今回は、新浦安でこれから賃貸する方に向けて、転居費用を減らすためのアイデアをいくつか紹介したいと思います。

①なるべく早く業者に依頼する

新浦安で賃貸する方が転居費用を減らすには、転居が決定した時点で、すぐ引っ越し業者に連絡するべきです。
なぜなら、「今連絡して翌週すぐ転居!」というようなことになると、業者への依頼料が高くなる可能性があるからです。
したがって、できれば転居する1ヶ月前までには業者に連絡し、費用が上がらないようにしておくことは重要です。
また、引っ越し業者の繁忙期(3月頃)に転居する場合は、さらに1ヶ月ほど早く連絡しましょう。

②時間指定をしない

新浦安で賃貸する方が転居費用を減らすためには、引っ越し業者の時間指定をしないことも効果的です。
引っ越し業者を利用する際は、自身の都合に合わせて時間を指定することができますが、いつでもOKというプランが1番安く利用できます。
したがって、なるべく時間にはこだわらないことをおすすめします。
もちろん、当日までいつ業者が来るかわからないわけではありません。
前日には時間に関する連絡が来ますので、しっかり転居の準備をしておけば、バタバタすることもないでしょう。

③ダンボールを集める

新浦安で賃貸する方が転居費用を減らすためには、ダンボールをなるべく自分で集めるようにしましょう。
引っ越し業者は、無料でいくつかダンボールを提供してくれますが、その分だけで荷造りができるとは限りません。
また、追加でもらう分に関しては料金が発生するケースも多いため、そのときは近くのスーパーやコンビニなどを訪れ、ダンボールをもらえないか交渉してみましょう。

④荷造りは自分でする

新浦安でこれから賃貸する方の中には、あまり時間が取れないことを理由に、転居の際の荷造りを業者に依頼しようとしている方もいるでしょう。
ただ、なるべく費用を減らしたいのであれば、荷造りは基本的に自分で行うことをおすすめします。
荷造りや梱包はオプションサービスであるため、依頼すればその分費用は高くなってしまいます。

“自力引っ越し”はおすすめできない

転居費用を減らしたいのであれば、いっそのこと業者に依頼せず、自力で引っ越せば良いと考えている方もいるかもしれませんが、これはおすすめできません。
なぜなら、プロでない方が行う荷物の搬出・搬入には膨大な時間がかかりますし、なおかつ家具や家電などを破損させてしまう可能性も高いからです。
また、荷物が多いと自らトラックを手配しなければいけないこともあり、その場合手続きは煩雑になってしまいます。

まとめ

新浦安で賃貸する方は、前述のような細かい工夫で少しでも転居費用を減らせるようにしましょう。
ただ、安全性や効率性は考慮しなければいけないため、業者に依頼しない“自力引っ越し”はしないことをおすすめします。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。