浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年04月09日
9 view

新浦安で賃貸する方必見!家具の転倒防止策



日本は頻繁に地震が発生する国です。
したがって、普段から地震への対策は取っておかなければいけません。
また、新浦安で賃貸する方が実践すべき地震対策の1つに、“家具の転倒防止策”があります。
今回は、どうやって家具の転倒を防げばいいのかについて、詳しく解説したいと思います。

①突っ張り棒を使用する

新浦安で賃貸する方が実践すべき家具の転倒防止策には、まず突っ張り棒を使用する方法が挙げられます。
これは、もっともオーソドックスな方法で、突っ張り棒を家具の上部、天井の間に設置し、最大限に伸ばしておくことで転倒を防ぐというものです。
突っ張り棒は100円ショップでも購入できますが、より安全性を高くしたいのであれば、ホームセンターなどで販売されている太めのものを購入しましょう。

②フック、ベルトを使用する

新浦安で賃貸する方が実践すべき家具の転倒防止策としては、フックとベルトを使用する方法も挙げられます。
具体的には、天井あるいは壁などにフックを引っ掛け、それと家具をベルトで固定するという方法ですね。
ただ、賃貸物件において、天井や壁にフックを引っ掛けると、後々借主が原状回復費を負担しなければいけないかもしれません。
したがって、設置する際は、前もってオーナーや管理会社に相談することをおすすめします。

③L字アングルを使用する

新浦安で賃貸する方が実践すべき家具の転倒防止策には、L字アングルを使用する方法もあります。
L字アングルとは、文字通りLの字になっている金具のことをいい、家具の角に取り付けて壁に固定することで、有効な転倒防止策となります。
家具と壁がピッタリとくっつくため、効果はもっとも大きいと言えますね。
ただ、これも実践する場合はオーナーや管理会社に相談するべきですし、1度設置するとなかなか模様替えはできなくなります。

家具の転倒防止策を取るべき理由は?

では、そもそもなぜ新浦安で賃貸する方は、家具の転倒防止策を取るべきなのでしょうか?
理由は主に以下の2つです。

①ケガをする可能性があるから
新浦安で賃貸する方が家具の転倒防止策を取るべきなのは、対策を取っていないと地震発生時にケガをする可能性があるからです。
例えば、就寝しているときに地震が発生し、タンスなどが布団側に倒れてきたらひとたまりもありません。
場合によっては、命を落とす可能性だってあります。
また、家具の転倒によってガラス片が散乱し、それが原因でケガをすることも考えられます。

②避難経路が塞がれてしまう可能性があるから
新浦安で賃貸する方が家具の転倒防止策を取るべきもう1つの理由は、倒れた家具が地震時の避難経路を塞いでしまう可能性があるからです。
地震の発生直後は、火災や倒壊の危険性もあるため、早急に外に避難しなければいけません。
ただ、倒れた家具でドアが開けられないというような状況になると、逃げて遅れてしまうことも考えられます。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方に向けて、家具の転倒防止策について解説してきました。
たとえ耐震性の高い物件に住んでいても、非常に強い揺れがあった場合、家具が転倒する可能性は高いため、普段から注意しておきましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。