浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年04月08日
9 view

新浦安で賃貸する方必見!バルコニーにゴミ箱を設置する利点と欠点



賃貸物件のバルコニーが広い場合、洗濯物を干すだけでなく、何か別の用途でも利用したいですよね。
そんなときは、ゴミ箱の設置を検討しましょう。
ただ、その場合新浦安で賃貸する方は、バルコニーにゴミ箱を設置する利点と欠点を事前に把握しなければいけません。
今回はその点について詳しく見ていきます。

バルコニーにゴミ箱を設置する利点について

まずは、新浦安で賃貸する方が知っておくべき、バルコニーにゴミ箱を設置する利点を見てみましょう。

①室内に出し忘れたゴミを置く必要がない
例えば、決まった回収の日のゴミ出しを忘れてしまったとしましょう。
このとき、通常は部屋に出し忘れたゴミを置いておかなければいけませんが、バルコニーにゴミ箱を設置していれば、一時的にゴミを室外に置いておけます。

②室内のスペースに余裕ができる
大きめのゴミ箱を室内ではなくバルコニーに設置すれば、その分室内のスペースには余裕ができます。

③バルコニーの掃除が楽になる
雨が降った次の日、風が強い日などは、バルコニーが汚れやすくなります。
ただ、バルコニーにゴミ箱を設置していれば、ゴミや落ち葉などを掃除した後、その場ですぐ捨てられるため、少しだけ楽になります。

バルコニーにゴミ箱を設置する欠点について

次に、新浦安で賃貸する方がバルコニーにゴミ箱を設置する欠点を見ていきましょう。

①近隣トラブルに繋がる可能性がある
新浦安で賃貸する方が知っておくべき、バルコニーにゴミ箱を設置する1番の欠点は、やはり近隣トラブルに繋がる可能性があるということでしょう。
バルコニーのゴミ箱に生ゴミなどを捨てていると、当然臭いは発生しますし、これが夏の暑い時期であれば、より強い悪臭となってしまいます。
また、バルコニーのゴミ箱に溜まったゴミを放置していると、虫が発生する可能性も高く、そうなると隣人からのクレームは避けられないでしょう。
もちろん、虫の発生は近隣住民だけでなく、自身の部屋にも影響を及ぼします。

②カラスの被害に遭う可能性がある
屋根がないバルコニーに、フタの付いていないゴミ箱を設置している場合、カラスにゴミを狙われる可能性があります。
また、カラスには1度ゴミを漁った場所に何度も来るという習性があるため、ゴミ箱を設置するなら必ずフタ付きのものにしましょう。

③ついつい溜めがちになる
ゴミ出しの日には、部屋のすべてのゴミ箱から一気にゴミを回収するという方もいるでしょう。
ただ、部屋の外にあるバルコニーのゴミ箱は、ついついチェックするのを忘れがちになり、ゴミが溜まっていることも忘れてしまう可能性が高いです。
その結果、ついついゴミを溜めがちになってしまうことも考えられます。

設置するならバルコニー用がおすすめ

新浦安で賃貸する方がどうしてもバルコニーにゴミ箱を設置したいのであれば、バルコニー用のものを設置しましょう。
これは、カラス除けや臭い防止のためのフタが付いていて、なおかつ容量が大きいものであるため、前述のような欠点をある程度カバーできます。

まとめ

新浦安で賃貸する方は、バルコニーにゴミ箱を設置する場合、近隣住民はもちろん自身にも被害が及ばないように工夫しましょう。
ただ通常のゴミ箱を設置するだけでは、近隣との関係が悪くなり、今後その物件に住みにくくなることも考えられます。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。