浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年04月07日
15 view

新浦安で賃貸する方必見!赤ちゃんを育てやすい物件とは



子どもが生まれたタイミングで、新浦安あるいは浦安の賃貸に移住しようと考える方もいるでしょう。
では、新浦安で賃貸するファミリーが借りるべき“赤ちゃんを育てやすい物件”とは、一体どんな部屋なのでしょうか?
詳しく解説しますので、参考にしていただければ幸いです。

①十分なスペースがある物件

新浦安で賃貸するファミリーが借りるべき“赤ちゃんを育てやすい物件”には、まず十分なスペースがある物件が挙げられます。
なぜなら、ベビーベッドやバウンサー、おもちゃなど、たくさんのものを置くためのスペースが必要になるからです。
具体的には、リビングに上記のものを置いても狭くならない物件か、あるいは赤ちゃん用の部屋を別に確保できる物件がおすすめですね。
ただ、家事などをしながらでも赤ちゃんに目が届く物件の方が良いため、できればリビングにベビーベッド等を設置できる物件を選びましょう。

②虫が発生しにくい物件

新浦安で賃貸するファミリーは、赤ちゃんにとって快適な空間を作れるよう、虫が発生しにくい物件を選ぶのも大切です。
赤ちゃんは、大人と比べて体温が高く汗をかきやすいため、虫に刺される可能性が高いです。
また、大人の場合、蚊などに刺されてもかゆくなったり、少し腫れたりする程度で済みますが、赤ちゃんは皮膚がまだ薄いため、かゆみや腫れがひどくなることも考えられます。
したがって、赤ちゃんを虫から守りたいのであれば、高層階の物件や、周辺に木々が生い茂っていない物件などを選ぶようにしましょう。

③段差、角が少ない物件

新浦安で賃貸するファミリーが借りるべき“赤ちゃんを育てやすい物件”には、段差や角が少ない物件も挙げられます。
赤ちゃんは少しの段差ですぐ転んでしまいますし、大人のように角がある場所を注意して行動することもできません。
したがって、赤ちゃんの動線に段差が少ない物件を選ぶのは大事ですね。
また、角はどうしても完全になくすのが難しいため、クッション性のあるベビーガードなどを設置して対応しましょう。

④転んでも大丈夫な物件

先ほど、赤ちゃんはとても転びやすいという話をしましたね。
したがって、新浦安で賃貸するファミリーは、赤ちゃんの転倒を防ぎやすいだけでなく、転んでも比較的安全な物件を選ぶべきです。
例えば、クッションフロアや畳などがある物件ですね。
また、もしリビングや赤ちゃん用の部屋がフローリングになっているのであれば、上からジョイントマットを設置するなどして対応してください。

⑤温度、湿度調節がしやすい物件

赤ちゃんは、うまく体温が調節できません。
したがって、新浦安で賃貸するファミリーは、換気口や窓が多く、温度や湿度の調節がしやすい物件を選びましょう。
また、赤ちゃんにとってより良い環境を作るために、エアコンを作動させたり、加湿器を設置したりすることも忘れてはいけません。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸するファミリーに向けて、赤ちゃんを育てやすい物件について解説してきましたが、いかがでしたか?
赤ちゃんを育てやすい物件は、育てる親御さんにとっても、赤ちゃんにとっても快適な環境であることが望ましいです。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。