浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年04月03日
6 view

新浦安で賃貸する方は木造のメリットを知っておこう



新浦安で賃貸物件を探している方の中には、なんとなく木造の物件を避けて探しているという方もいるでしょう。
確かに、木造には“寒い”、“音が漏れる”といったイメージがありますが、実はメリットもたくさんあります。
したがって、新浦安で賃貸する方は木造のメリットを知り、ぜひ選択肢に入れていただきたいと思います。

賃料が安い

新浦安で賃貸する方が知っておくべき木造物件のメリットは、やはり”賃料が安い“という点でしょう。
これは、鉄骨造や鉄筋コンクリート造などの物件に比べて、材料費や建築費が安いことが主な理由です。
また、木造物件には築年数が古いものも多く、必然的に賃料が安くなりやすいです。
したがって、なるべくコストを抑えて入居したい方にはおすすめですね。

部屋が暑くなりにくい

新浦安で賃貸する方が知るべき木造物件のメリットには、“部屋が暑くなりにくい”ということも挙げられます。
なぜなら、他の構造に比べて通気性が良いからです。
これは、言い換えれば冬場寒くなりやすいということになりますが、夏の暑さがとにかく苦手という方は、木造物件を選択肢に入れても良いでしょう。

吸湿性が高い

“吸湿性が高い”ということも、新浦安で賃貸する方が知っておくべき木造物件のメリットです。
これに関しては、意外と知らない方も多いでしょう。
木材には、室内が乾燥すれば湿気を吐き出し、湿度が上がれば空気中の水分を吸い込むという性質があります。
したがって、他の構造の物件よりも室内空間を快適に保ってくれます。

健康面への心配が少ない

新浦安で賃貸する方は、木造物件のメリットとして、“健康面への心配が少ない”ということも知っておきましょう。
鉄筋コンクリート造などの物件には、壁紙やカーペットが必要になります。
しかし、これらは素材によってホコリが溜まったり、化学素材を使っていたりする場合があるため、アレルギーもしくはシックハウス症候群の原因になり得ます。
一方、木造の場合は木に吸湿性があるため、壁紙やカーペットは必須ではなく、健康面への心配は少なくなります。

家具が配置しやすい

新浦安で賃貸する方が知っておくべき木造物件のメリットには、“家具が配置しやすい”ということも挙げられます。
木造の場合、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の物件と比べて柱が細いため、室内に出っ張り(梁)が少ないです。
したがって、必然的に家具を置けるスペースは広くなります。

すべての木造物件の防音性が低いわけではない!

冒頭で触れたように、木造物件には“音が漏れる”というイメージがあると思います。
ただ、すべての木造物件において、防音性または遮音性が低いわけではありません。
比較的築浅の木造物件は、壁に防音材が使用されていることもあるからです。
したがって、木造物件をチェックする際は、必ず築年数を確認しましょう。

まとめ

新浦安で賃貸する方に向けて、木造のメリットについて解説しましたが、いかがだったでしょうか?
今回解説したように、木造物件には意外なメリットがたくさんあるため、それを知らずに選択肢から外すのはおすすめできません。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。