浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年03月22日
6 view

新浦安で賃貸する方必見!暖房費用が節約できる物件とは



これから新浦安で賃貸する方の中には、ついつい暖房をつけすぎてしまい、電気代が高くなってしまうという方もいるでしょう。
したがって、そのような方は、なるべく寒さが抑えられ、なおかつ暖房費用も節約できる物件を選ぶべきです。
では、寒さと暖房費用が抑えられる物件とは、一体どのようなものなのでしょうか?

アパートではなくマンションを選ぶべき

これから新浦安で賃貸する寒がりの方は、暖房費用を抑えるために、アパートではなくマンションに入居することをおすすめします。
なぜなら、マンションには鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートで造られた物件が多く、それらは比較的気密性、断熱性に優れているため、寒くなりにくいからです。
逆に、アパートには木造や軽量鉄骨造も多く、それらは断熱性があまり高くないため、寒がりの方は暖房費用が上がってしまうでしょう。

南向きの物件がおすすめ

これから新浦安で賃貸する寒がりの方は、南向きの物件に住むことでも、ある程度暖房費用を抑えられるでしょう。
南向きの物件は、昼間の長い間日光が差し込むため、寒い時期でも比較的暖かく過ごせるという特徴を持っています。
もちろん、南向きの物件は人気が高いため、なかなか理想の物件が見つからないということも考えられますが、寒がりの方は必ず押さえておきたい条件の1つですね。

中間部屋は比較的暖かい

これから新浦安で賃貸する寒がりの方は、角部屋ではなく中間部屋を選ぶことでも、寒い時期の暖房費用を抑えられます。
なぜなら、中間部屋は外に面している辺が多くても2辺(玄関側、ベランダ側)しかないからです。
逆に、角部屋は3辺が外に面している可能性もあるため、必然的に外気の影響を受けやすく、寒い時期はとても寒くなってしまいます。

なるべく上層階を選ぶのも重要

これから新浦安で賃貸する寒がりの方は、暖房費用を抑えるために、なるべく上層階の物件を選ぶことも意識しましょう。
とはいえ、そこまで上の方である必要はありません。
2階以上であれば、比較的室内の保温性は高くなります。
逆に、1階は底冷えによってかなり冷え込むことが予想されるため、他の階に比べて暖房費用は高くなりがちです。
特に就寝時などは、暖房をつけなければなかなか寝付けないほど寒くなることも考えられるため、注意が必要です。

単身者の方は広すぎない物件に住むべき

これから新浦安で賃貸する寒がりの方で、なおかつ単身者の方は、ワンルームや1Kなど、それほど広くない物件に住むことでも、暖房費用を節約できます。
なぜなら、部屋が広いほど暖房の効きは悪くなりますし、部屋数が多いほど稼働する暖房器具の数は増えるからです。
一方、ワンルームや1Kであれば、部屋全体に暖房の効果が行き渡りやすく、多くの暖房器具を稼働させる機会もほとんどありません。

まとめ

今回は、これから新浦安で賃貸する寒がりの方に向けて、暖房費用が抑えられる物件について解説しました。
1ヶ月数千円でも暖房費用が節約できれば、年間で数万円節約できることになるため、最初から寒さが抑えられる物件に住むのはとても重要です。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。