浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年03月21日
8 view

新浦安で賃貸管理会社を変える際のトラブルについて



新浦安で賃貸経営をするオーナーは、管理会社の変更を考えたことはありますか?
一度くらいは考えたことがある方も多いでしょう。
では、新浦安で賃貸経営をするオーナーは、果たして管理会社を変えられるのでしょうか?
また、変更時にはどんなトラブルが起こり得るのでしょうか?
詳しく解説しましょう。

管理会社は変えられるのか?

結論から言うと、新浦安で賃貸経営をするオーナーが管理会社を変えることは可能です。
例えば、現在の管理会社の仕事ぶりに納得がいかない場合や、他にとても評判の良い管理会社がいる場合などには、変更を検討しても良いでしょう。
管理会社は、賃貸経営において非常に重要な役割を担っています。
したがって、常に質の良い管理業務を行ってもらう必要があるため、積極的に変更することは決して悪いことではありません。
納得がいかない部分があるにも関わらずそのままにしていると、経営が傾いたり、オーナーのストレスが溜まったりしてしまいます。

変更時のトラブルについて

では、新浦安で賃貸経営をするオーナーが管理会社を変えるときには、一体どんなトラブルが起こり得るのでしょうか?
1つ1つ見ていきましょう。

引き継ぎがうまくいかない

新浦安で賃貸経営するオーナーの管理会社変更時には、“引き継ぎがうまくいかない”というトラブルが起こり得ます。
特に、1~3月の新生活シーズン、9~10月の転勤シーズンは、多くの管理会社がバタバタしているため、この時期に変えてしまうと、うまく引き継げない可能性は高くなります。
したがって、オーナーはできるだけ繁忙期の変更を避け、スムーズな引き継ぎができるように配慮しましょう。
変更時期としておすすめなのは、年間を通してもっとも管理会社の業務が落ち着いている7~8月です。
また、現在の管理会社と新しい管理会社の引き継ぎ期間中、どちらが責任を持って管理業務を行うのかについては、必ずオーナーがハッキリ指定しましょう。
なぜなら、指定しなかった場合、新旧管理会社はどちらが業務にあたればいいのかわからず、入居者への対応などがおろそかになってしまう可能性があるからです。
この場合、基本的には新しい管理会社が主に対応するケースが多いですが、トラブル発生を防ぐためには、必ず言葉にして伝える必要があります。

保険会社に契約を解除されることがある

新浦安で賃貸経営をするオーナーの管理会社変更時には、“保険会社に契約を解除される”というトラブルが起こることもあります。
これは、保険会社の規定により、“管理会社変更時には移管ができない”と定められている場合に起こるトラブルであり、実際発生すると非常に厄介です。
オーナーは新しく保険会社を探す必要がありますし、当然移管可能であれば必要なかったコストもかかります。
したがって、最初から移管できる保険会社と契約しておくことをおすすめします。

まとめ

新浦安で賃貸経営をするオーナーに向けて、管理会社変更時のトラブルを中心に解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
管理会社を変えるのは悪いことではありませんが、それによって発生し得るトラブルへの対策を取らなければいけないのは事実です。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。