浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年03月17日
21 view

新浦安で賃貸する方が天井の高い物件に住むメリット



これから新浦安で賃貸する方は、天井の高さについて意識したことがありますか?
天井の高さは物件によって異なり、通常より少し天井が高い物件を選ぶだけで、生活環境は大きく変わります。
したがって、今回は天井の高い賃貸物件に住むことのメリットについて、詳しく解説していきたいと思います。

圧迫感がない

新浦安で賃貸する方が天井の高い物件に住むメリットとしては、まず“圧迫感がない”ということが挙げられます。
天井が高いほど、目線から天井が離れているということになるからです。
特に、ベッドや布団に横になっている際は、目線が天井を向くことも多いため、解放感は大きくなるでしょう。
もちろん、圧迫感がないため、同じ間取りでも部屋が広く感じます。

部屋が明るい

新浦安で賃貸する方が天井の高い物件に住むメリットには、“部屋が明るい”ということも挙げられます。
天井が高い物件には、窓の位置が高い物件も多く、高い位置から日光が差し込みやすいため、部屋全体をまんべんなく照らしてくれます。
また、吹き抜けになっているメゾネットタイプの賃貸物件などには、天窓が設けられていることもあり、そのような物件は真上からの採光でより明るくなるでしょう。

高級感を演出できる

“高級感を演出できる”ということも、新浦安で賃貸する方が天井の高い物件に住むメリットです。
天井が高ければ、豪華なシャンデリア風の照明器具を取り付けても、それほど圧迫されることなく高級感を演出できます。
また、シーリングファンを取り付ければ、自宅にいながらまるでリゾートのセカンドハウスのような気分を味わえます。
天井が低い物件では、なかなかこのようなアレンジはできません。

どこからが“天井の高い物件”なのか?

天井の高い物件には、さまざまな良さがあることを解説してきましたが、“天井の高い物件”とは、具体的にどれくらいの高さの物件を指すのでしょうか?
現在の日本における戸建て物件、集合住宅の標準天井高は、2m40cm~50cmとされています。
したがって、これを超えるような天井高の物件は、すべて“天井の高い物件”に該当すると言って良いでしょう。
ちなみに、天井高は10cm高くなるだけで、大きな解放感を得られると言われていますが、中には3mに迫るほどの天井高を誇る物件もあります。

天井の高い物件に住む際の注意点

新浦安で賃貸する方が天井の高い物件に住む場合、注意してもらいたいことが少しだけあります。
まず、天井が高い場合、電球が切れた際の交換が少し面倒になります。
特に、メゾネットタイプのように吹き抜けになっている物件は天井がかなり高いため、より電球の交換には時間と手間がかかるでしょう。
また、天井の高い物件は、必然的に部屋の容積が大きくなるため、通常の物件よりも若干空調の効き具合が悪くなります。
したがって、サーキュレーターなどでうまく空気を循環させる工夫は必要でしょう。

まとめ

これから新浦安で賃貸する方は、ぜひ天井の高さに注目して物件を探しましょう。
現時点ではそれほど気にしていなくても、いざ入居してみると、睡眠時などの天井の圧迫感は意外と気になるものです。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。