浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年03月16日
8 view

新浦安で賃貸する方が押さえておくべきセキュリティアイテム



賃貸物件を選ぶ際の代表的なチェックポイントとして、セキュリティ性が挙げられます。
では、これから新浦安で賃貸する方がセキュリティ性の高い賃貸物件に住むには、一体どんなアイテムが揃っている物件を選ぶべきなのでしょうか?
今回は、代表的なものから少しマイナーなものまで、詳しく解説したいと思います。

代表的なセキュリティアイテム一覧

これから新浦安で賃貸する方が、セキュリティ性の高い物件に住みたいのであれば、以下のアイテムが完備されているかどうかは必ず確認しましょう。

 オートロック
 ディンプルキー
 モニター付きインターホン
 防犯カメラ(エントランス、廊下、駐車場等)
 ホームセキュリティ など

特に、ホームセキュリティに加入している賃貸物件は、エントランスのガラス等に警備会社のステッカーが貼られているため、それだけで空き巣の侵入に対する抑止力になります。
また、セキュリティ性の高さを売りにしている賃貸物件であれば、上記のアイテムがすべて揃っている可能性も高いです。

その他のセキュリティアイテムについて

では、今後新浦安で賃貸する方が、よりセキュリティ性の高さを追求した物件に住むには、他にどんなアイテムが揃っている物件を選ぶべきなのでしょうか?

シャッター

セキュリティ性を重視するのであれば、窓にシャッターが付いている物件を選びましょう。
夜間や外出時にシャッターを閉めておけば、窓から空き巣に侵入されることはありません。
賃貸物件における空き巣の侵入経路は、事例の半数以上が窓だと言われているため、ここのセキュリティ性をチェックするのは重要です。

防犯ガラス

新浦安の賃貸でセキュリティ性が高い物件を選びたいのであれば、防犯ガラスが設置されている物件もおすすめです。
防犯ガラスとは、2枚のガラスの間に特殊な膜が挟まれていて、割れにくい構造になっているガラスのことをいいます。
警察の調査によると、空き巣の70%以上は、5分以上の時間がかかると侵入を諦めるとされています。
また、防犯ガラスと認定されている製品は、侵入に5分以上の時間がかかることが認められているため、これがあるだけでセキュリティ性は飛躍的にアップします。

防犯砂利

新浦安の賃貸の1階に住もうと考えている方は、セキュリティアイテムの1つとして、防犯砂利があるかどうかもチェックしておきましょう。
これは、1階に庭が付いている賃貸物件等に完備されているものであり、庭に敷き詰められている粒が大きめの砂利のことを指しています。
庭がある場合、そこが空き巣の侵入経路になる可能性もありますが、粒が大きい防犯砂利は歩いたときに音が鳴りやすく、入居者が音に気づきやすいようになっています。
また、想定していたよりも歩く音が大きいことで、空き巣が侵入を断念する効果も期待できます。

まとめ

ここまで、今後新浦安で賃貸する方に向けて、押さえておくべきセキュリティアイテムについて解説しました。
“セキュリティアイテム=オートロック”というイメージが強いですが、他にもチェックすべきアイテムはたくさんあるため、覚えておきましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。