浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年03月13日
8 view

新浦安で賃貸する方必見!狭いキッチンのメリットと使い方



新浦安で賃貸する単身者の方などは、キッチンが狭い物件に入居することも考えられます。
また、“狭いキッチン=使いにくい”というイメージがあるかもしれませんが、うまく使いこなせば、それほど不便さは感じません。
ここからは、新浦安で賃貸する方に向けて、狭いキッチンのメリットと使い方について解説します。

狭いキッチンのメリットについて

新浦安で賃貸する方は、まず狭いキッチンのメリットを知っておきましょう。

①掃除・片付けの負担が少ない
キッチンが狭い場合、必然的に掃除や片付けの負担は少なくなります。
したがって、毎日掃除や片付けをするのが面倒だという方も、比較的継続させやすいでしょう。

②調理の効率が良い
狭いキッチンには、器具や調味料などがコンパクトに収納されているため、下準備、調理、盛り付けといった工程がその場ですべて行えます。

③使用するものに手が届きやすい
広いキッチンの場合、コンロから調味料を置くスペースまで少し距離があったり、冷蔵庫が離れていたりすることもあります。
一方、狭いキッチンの場合、そのときに使用したいものが大体手の届く位置にあるため、とても便利です。

狭いキッチンの使い方について

新浦安で賃貸する方に向けて狭いキッチンのメリットを解説した後は、使い方について解説します。
いくらメリットがあるとはいえ、狭いことは確かですし、ファミリー世帯用のキッチンに比べて収納スペースも少ないです。
では、そのようなデメリットをなくし、快適に狭いキッチンを利用するには、一体どうすればいいのでしょうか?

①備え付けの収納スペースをうまく使う
狭いキッチンを快適に利用するのであれば、備え付けの収納スペースをうまく使わなければいけません。
例えば、シンクの真下にある収納スペース、あるいはキッチンの上にある収納スペースの内側にワイヤーネットなどを取り付ければ、そこにお玉などを掛けることができます。
また、レンジフードのフード部分にある隙間にフックを掛けることでも、同じように調理器具をぶら下げることができます。

②壁面をうまく使う
備え付けの収納スペースがすでにモノでいっぱいだという方は、キッチンの壁面も有効活用しましょう。
例えば、吸盤タイプのラックなどを取り付ければ、簡単に垂直な収納スペースが作れます。
また、すぐ近くに窓があるのなら、窓枠も調味料などを置く場所として活用したいですね。

③調理スペースを増やす
狭いキッチンでは、ほとんど動かずに下準備、調理、盛り付けができますが、その際に直面するのが調理スペースの狭さです。
したがって、調理スペースを増やす工夫をすれば、狭いキッチンはとても快適な空間となります。
例えば、シンクの上にかぶせるように設置できる金属のラックは、洗った食器を置く場所としても使えますし、シンクを使用しないときは、上にまな板などを置いて調理スペースにすることもできます

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方が知っておくべき狭いキッチンのメリット、使い方を解説してきました。
新浦安で賃貸する方は、狭いキッチンにもメリットがあり、使い方次第で快適な生活が送れるということを把握しておきましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。