浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年03月10日
8 view

新浦安で賃貸する方が知っておくべき“部屋干し”のあれこれ



新浦安の賃貸物件に住む方には、普段からよく部屋干しをするという方も多いでしょう。
特に、ベランダがあまり広くない物件に住む方は、天気に関係なく部屋干しをする機会も多いと思います。
今回は、そんな部屋干しに関するあらゆることを解説していきますので、生活の知恵としてぜひ参考にしてください。

部屋干しの悩みとは?

まずは、新浦安の賃貸物件に住む方によくある、部屋干しの悩みを見ていきましょう。
おそらく、共感してもらえる方は多いと思います。

生乾きになってしまう

部屋干しにおける1番の悩みは、やはり洗濯物が生乾きになってしまうことでしょう。
主に洗濯物と洗濯物の間隔を狭くしすぎることで生乾きは発生し、単に乾いていないだけでなく、臭いも発生してしまいます。
もちろん、できるだけ間隔を空けて干すなどの工夫をすれば、ある程度生乾きは防げますが、ベランダと比べて空気の流れが少ない分、発生しやすくなるのは致し方ありません。

カビが発生してしまう

新浦安で賃貸する方の中には、部屋干しでカビが発生してしまうことに悩む方もいるでしょう。
これは、部屋の中という限られた空間の中で洗濯物を干すことによって、蒸発した水分が行き場をなくし、部屋をジメっとさせてしまうことが原因です。
また、洗濯物から蒸発した水分は、壁や天井のクロス、カーテンなどにも移ってしまうため、1度ジメジメするとその状態は長続きします。

部屋干しの悩みをなくす方法は?

では、新浦安で賃貸する方が、上記のような部屋干しの悩みをなくすためには、一体どんな工夫をすれば良いのでしょうか?
詳しく見てみましょう。

空気の通りを良くする

新浦安で賃貸する方が、部屋干しにおける生乾きやカビなどを防ぐためには、できる限り部屋の空気の通りを良くしましょう。
そうすれば、蒸発した水分は流れていき、常に乾いた空気を取り入れることができるため、必然的に洗濯物は乾きやすくなります。
もちろん、部屋のジメっとした感じやカビの発生も防げますね。
また、窓を開けるだけでは空気の通りが良くならないという場合は、換気扇や扇風機、サーキュレーターなどを使用して空気の流れを作ることをおすすめします。

カーテンレールはなるべく使用しない

新浦安で賃貸する方は、部屋干しの際なるべくカーテンレールを使用しないようにしましょう。
なぜなら、カーテンレールに干すことで、水分がカーテンに移ってしまいやすくなったり、洗濯物にホコリが付着してしまったりするからです。
前述の通り、カーテンに水分が移れば部屋のジメジメ感は持続しますし、ホコリが付いてしまうと、当然綺麗に洗った洗濯物は汚れてしまいます。
また、カーテンレールにばかり洗濯物を干していると、重みで歪んでしまったり、傷ついてしまったりすることも考えられるため、できれば部屋干し用の竿を使用しましょう。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方が知っておくべき部屋干しの悩み・対策について解説してきました。
ポイントを押さえれば、部屋干しでも生乾きやカビを防ぐことができますが、ベランダのスペースに余裕がある物件では、なるべく外に洗濯物を干すようにしましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。