浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年03月04日
7 view

新浦安の賃貸に引っ越す高齢者の方によくある失敗



これから新浦安の賃貸に引っ越す方の中には、高齢者の方もいるかと思います。
ただ、高齢者の方が引っ越しをする際は、高齢ならではの失敗をしないように注意しましょう。
ここからは、具体的にどんな失敗があるのかについて、わかりやすく解説したいと思います。
ぜひ参考にしてください。

荷物が重くて運べない

新浦安の賃貸に引っ越す高齢者の方は、荷物が重くて運べないという失敗をしがちです。
例えば、自身で引っ越しの荷造りをしようとしたとき、重い書籍などが運べず、頓挫してしまうというケースですね。
また、力が衰えているにも関わらず、無理やり重いものを持とうとすると、腰やひざなどを痛める原因となってしまいます。
したがって、新浦安の賃貸に引っ越す高齢者の方は、業者に依頼し、荷造りから搬出・搬入、荷解きまで任せられるプランを選択することをおすすめします。

断捨離できない

新浦安の賃貸に引っ越す高齢者の方は、断捨離できないという失敗もしがちです。
断捨離とは、不要なものを捨て、ものの執着から離れることをいい、新しく引っ越す物件が現住居よりも狭い場合、どうしても行わなければいけないことです。
ただ、高齢者の方の中には、長年使用した愛着のあるアイテムを持っている方も多く、なかなか捨てられないというケースもよくあります。
しかし、不要なものを捨てずに荷造りしてしまうと、先ほどの“荷物が重くて運べない”ということに繋がってしまうため、ここは思い切って断捨離しましょう。

引っ越しに伴う手続きができていない

新浦安の賃貸に引っ越す高齢者の方は、引っ越しに伴う手続きができていないという失敗もしがちです。
引っ越しをする際は、賃貸借契約を交わすだけでなく、住所変更や水道、ガス、電気の停止・開始手続きなどもしなければいけません。
ただ、これらの手続きは高齢者の方にとって非常に面倒なものであり、ついつい後回しにしてしまったり、手続きするのを忘れてしまったりするケースは往々にしてあります。
したがって、前もって引っ越しに伴う手続きの内容と期限をリストアップし、済んだものにチェックを入れるようにしましょう。

子のサポートを受けるようにしよう

新浦安の賃貸に引っ越す高齢者の方は、できるだけ子どもに引っ越しのサポートをしてもらいましょう。
そうすれば、業者に依頼するのは荷物の搬出と搬入だけで済み、必然的に引っ越し代は安くなります。
もちろん、「子どもに迷惑をかけたくない」と考える方もいるでしょう。
ただ、無理をして1人で引っ越しを進めたばっかりに、ケガをしてしまったり、なかなか引っ越しが進まなかったりすると、それが子どもに迷惑をかけることになるかもしれません。
したがって、子どもが比較的近くに住んでいるという場合は、1度サポートをお願いできないかどうか頼んでみましょう。

まとめ

ここまで、新浦安の賃貸に引っ越す高齢者の方によくある失敗について解説してきましたが、ご理解いただけたでしょうか?
「引っ越しなんて簡単にできる」と考えている方ほど、高齢ならではの失敗をしてしまったときのショックが大きくなるため、注意が必要です。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。