浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年02月19日
4 view

新浦安で賃貸する方必見!長期出張時の食材保存術



新浦安で賃貸する方の中には、突然勤務先から長期出張を言い渡されたという方もいるでしょう。
ただ、数ヶ月の間家を空けるとなると、冷蔵庫の中にある食材が傷んでしまいますよね。
今回は、新浦安で賃貸する方に向けて、長期出張時に役立つ食材の保存術をお教えしたいと思います。

冷凍庫に保存する

新浦安で賃貸する方が長期出張をする場合、まず冷凍庫に入れられるものは入れておきましょう。
細かい保存方法は以下の通りです。

① 肉、魚
肉や魚は、生の状態で冷凍するだけでOKです。
トレーやシートを外し、丁寧にラップに包むか、ファスナー付きのビニールに入れて保存します。

② 野菜
野菜はそのまま冷凍すると、解凍したときにかなり味が落ちてしまいます。
そのため、まずは鍋に水を張り、加熱して芯まで火を通しましょう。
もちろん、冷凍庫に入れる際は、あら熱を取るのを忘れないようにしてください。
また、のちほど解説しますが、あまり冷凍しない方が良い野菜もあるため、その場合は別の方法で保存します。

③ 牛乳
牛乳は氷を作るトレーに移して冷凍します。
もしトレーがない場合は、卵が入っているパックを代用するのも良いですね。
また、ジュースも同じ方法で冷凍保存できます。

冷凍しない方が良い食材って?

新浦安で賃貸する方が長期出張する際、冷凍保存しない方が良い食材は以下の通りです。

① ジャガイモ
ジャガイモはどんな方法を使っても、美味しい状態で保存するのが難しい食材です。
そのため、なるべく長期出張に出る前に食べきることをおすすめします。

② 大根
先ほど、野菜は加熱して冷凍できるという話をしましたが、大根は例外です。
また、水に浸した状態で冷凍すると、解凍後の繊維っぽさが少なくなりますが、これもできれば長期出張前に消費するべきでしょう。

③ 豆腐
豆腐も冷凍には向いていません。
解凍後、火を通せば食べられないことはないですが、冷奴など生の状態で食べるのは難しいでしょう。

常温保存できる食材は?

新浦安で賃貸する方の長期出張が冬の寒い時期である場合、常温保存できる食材もあります。
具体的には、ジャガイモやサツマイモなどの芋類、ニンジンやゴボウなどの根菜、カットされていないカボチャなどです。
もちろん、夏は室温が上がるため、常温保存できません。

冷凍庫に入りきらない食材はどうする?

冷凍庫に入りきらない食材がある場合は、“干し野菜”にして冷蔵庫に入れることをおすすめします。
干し野菜にすると、長期保存できるだけでなく、食材の栄養価もアップします。
特に根菜やキノコ類がたくさん余っている場合は、ぜひ作ってみましょう。
また、作り方は食材によって微妙に異なりますが、基本的には以下の方法で作れます。

① 食材をよく洗って水気を取る
② 皮を取り除いて5mm程度の厚さにカットする
③ 重ならないようにザルに並べる
④ 1~2日ほど放置

干し野菜は、しっかり乾燥させれば1ヶ月以上でも保存できます。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方に向けて、長期出張時に役立つ食材の保存術について解説してきました。
できる限り出張前の手間を省くためには、長期出張が決まった時点で、なるべく食材の買い足しを抑えるようにしましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。