浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年02月18日
7 view

新浦安で賃貸する方必見!物件探しが難航したときの対処法



「新浦安の賃貸に住みたい!」と考え、物件探しをしている方の中には、なかなか理想の物件が見つからないという方もいるかと思います。
ただ、理想の物件が見つからない場合、同じ方法で探していてもなかなか前には進めません。
今回は、物件探しが難航したときの対処法について詳しく解説したいと思います。

重要なポイントを1度整理する

新浦安の賃貸に住みたい方の物件探しが難航している場合は、まず賃貸物件における重要なポイントを整理してみましょう。
例えば、間取りも設備も築年数も優先しようとすると、賃料は予算をオーバーしてしまいますし、逆に賃料を抑えようとしすぎると、利便性が下がってしまいます。
賃貸物件における条件には、主に以下のようなものがあるため、どれを優先すべきなのかを考え、理想の物件に出会いやすい環境を作ることが大切です。

 間取り、広さ
 駅までの所要時間
 築年数
 耐震性、構造
 設備、内装
 外観
 セキュリティ性
 周辺環境(ショッピング施設、公共機関などへの距離)
 通勤時間 など

築年数の許容範囲を広げるのはおすすめ

新浦安の賃貸に住みたい方の物件探しが難航している場合、重要なポイントを1度整理するのが大切だと解説しましたが、その際築年数の許容範囲はなるべく広げることをおすすめします。
“築年数が古い=不便、綺麗じゃない”というイメージがあるかもしれませんが、実際そんなことはありません。
リフォームされている物件であれば、築浅物件に引けを取らないほど綺麗で、設備が整っているところもあります。
そのため、賃貸物件をサイトなどで検索する際は、築20年以上の物件なども候補に入れるようにしましょう。

実際自分の目で多くの物件を見ることも大切

新浦安の賃貸に住みたい方には、サイトでの物件探しにおいて、少しでも条件に合わない物件は選択肢から外してしまうという方もいるでしょう。
ただ、サイトでの検索だけでは、その物件の良さにはなかなか気づけません。
例えば、サイトに掲載された写真ではそれほど綺麗に見えない物件でも、実際足を運んでみると清潔感があるというケースも考えられます。
そのため、多少条件を満たしていない物件であっても、気になるところは逐一内見することをおすすめします。

賃料は交渉によって下がる可能性がある

新浦安の賃貸に住みたい方の中には、ある程度妥協して物件探しをしているにも関わらず、どうしても賃料が予算をオーバーするという方もいるでしょう。
ただ、賃料は交渉することによって下がる可能性があるため、たとえ予算をオーバーしていても、まずは内見に訪れましょう。
もちろん、必ずしも交渉がうまくいくわけではありませんが、「この物件を気に入っている」「入居したいけどどうしでも賃料がオーバーしてしまう」ということを低姿勢で伝えれば、多少は賃料値下げに応じてもらえるでしょう。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方に向けて、物件探しが難航したときの対処法について解説してきました。
物件探しにおける考え方を変えれば、いつかは必ず理想に近い物件にたどり着けるため、諦めずに前に進みましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。