浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年02月13日
10 view

新浦安の賃貸を安く借りる方法



賃貸物件を借りるにあたって、「できる限り賃料を抑えたい」と考える人は多いでしょう。
ただ、あらゆる条件付きで物件探しをすると、どうしても賃料は高くなっていくものです。
今回は、新浦安で賃貸物件を探す方に向けて、安く借りる方法について解説したいと思います。

新浦安の賃貸を安く借りる方法はずばり…

先ほど、あらゆる条件付きで物件探しをすると、どうしても賃料は高くなってしまうという話をしましたね。
ただ、これは裏を返せば、「条件を付けなければ付けないほど賃料は安くなる」ということになります。
つまり、新浦安で賃貸を安く借りる方法は、1度条件を見直し、それらが自分にとって本当に必要かどうかを考え、必要ないものは減らしていくことなのです。

広い部屋でないとダメなのか?

物件探しをする際、”広い部屋・間取り“を条件に入れている方もいるでしょう。
ただ、果たして本当に広い部屋・間取りは必要なのでしょうか?
例えば、たとえ狭い間取りであっても、収納スペースが多ければ、室内が物で溢れかえるようなことはありません。
また、部屋が狭ければ掃除も楽ですし、意外とそちらの方が快適に生活できる可能性もあります。
当然、広い部屋よりも狭い部屋の方が賃料は安くなりやすいため、本当に広い部屋が必要かどうかは1度考え直してみましょう。

駅から近くないとダメなのか?

“駅チカ”を物件探しの条件に入れている方も多いかと思いますが、これに関しても、「本当に駅チカである必要はあるのか?」と1度考えてみましょう。
例えば、駅から徒歩15分の物件があったとします。
一般的に、このような物件は駅チカとは言いませんが、毎日駅まで歩いていると、少しずつ遠く感じなくなってくるものです。
また、賃貸物件の広告に記載された駅までの所要時間は、“徒歩1分=80m”というとても単純な式で計算されています。
そのため、徒歩5分と書かれていても、実際は信号などの関係でもっとかかる場合があり、そうなると必ずしも駅チカを選ぶ必要はなくなってきます。

築浅でないとダメなのか?

新浦安の賃貸を安く借りる方法としては、築浅をできるだけ避けるという方法もあります。
築浅物件は、当然賃料が高くなりがちです。
ただ、築浅でなくても、リフォームやリノベーションが施されている物件であれば、同等の快適な暮らしができますし、賃料もそちらの方が安くなります。
そのため、最初から築浅物件に絞って物件探しをするのは、非常にもったいないと言えるでしょう。

日当たりが良くないとダメなのか?

新浦安の賃貸を安く借りる方法には、日当たりが良い物件を避けることも挙げられます。
日当たりが良い南向きの物件は人気があり、他の方角の物件と比べて賃料が高くなりがちです。
ただ、普段それほど家にいないという方は、そこまで日当たりにこだわって物件探しをする必要はないでしょう。
むしろ、夜間の仕事をしている方などは、日当たりが良くない物件の方が、日中睡眠を取りやすくなります。

まとめ

ここまで、新浦安の賃貸を安く借りる方法について解説してきましたが、いかがでしたか?
少しでも賃料を抑えたい方は、“なんとなく”で盛り込んでいる条件を1度見直し、絶対に譲れない条件のみを残した状態で物件探しをしましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。