浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年02月05日
8 view

単身者が新浦安の賃貸で2LDKを借りるってアリ?



単身者の方が選ぶ賃貸物件の間取りは、ワンルームや1K、広くても1LDKなどになることが多いでしょう。
では、単身者の方が新浦安の賃貸で、さらに広い2LDKの物件を借りることには、一体どんな利点があるのでしょうか?
これから入居する物件の選択肢を広げたいという方は、ぜひ参考にしてください。

自炊がしやすい

よく自炊をする方であれば、単身者であっても新浦安の賃貸で2LDKを借りるのはアリだと思います。
なぜなら、2LDKはダイニングキッチンと他の2部屋が分かれているため、部屋全体に調理の匂いがこもる心配が少ないという利点があり、ある程度匂いが出る料理にもチャレンジできるためです。
また、2LDKの物件は、基本的にファミリー世帯仕様になっているため、キッチンの調理スペースが広かったり、コンロが3口あったりすることも珍しくありません。

来客を招き入れやすい

よく友人が遊びにくるという方は、たとえ単身者であっても、新浦安の賃貸で2LDKを借りるのはアリでしょう。
なぜかと言うと、2LDKの場合、ダイニングキッチン以外の2部屋(仕事部屋、寝室など)に通じるドアを閉め切っておけば、一切プライベートな空間を見られることはないためです。
また、友人が宿泊するときに備えて、寝具を用意できるのであれば、ダイニングなど自身とは別の部屋で寝てもらうこともできます。

それほど賃料相場は高くない

新浦安の賃貸で2LDKを選ぶ場合、賃料相場は意外と高くありません。
なぜかと言うと、2LDK物件の多くはファミリー世帯に向けて造られており、駅チカではない、閑静な住宅街に立地しているケースも多いためです。
賃貸物件の賃料は、部屋の広さや設備だけでなく、利便性も考慮して決定されます。
つまり、駅から少し離れていることが多い2LDK物件は、その分賃料が下がりやすくなるということですね。
また、2LDK物件は、子どもが複数人いるファミリー世帯にとって、それほど広い間取りではありません。
そのため、よく探せば、なかなか借り手が付かず、相場よりさらに賃料が安くなっている物件も十分見つけられるでしょう。

借りるときに注意したいことは?

新浦安の賃貸で2LDK物件を借りる場合、賃料相場はそれほど高くないという話をしました。
ただ、当然のことながら、ワンルームや1Kなどの物件を借りる場合と比べると、圧倒的に賃料は高くなります。
また、2LDKの物件は、ダイニングキッチンの他に2部屋があるため、基本的に光熱費は高くなりがちです。
そのため、なるべく光熱費を節約するために、電気やエアコンなどは最低限しか点けないという工夫をする必要があります。
さらに、単身者の方が新浦安の賃貸で2LDK物件を選ぶと、決まった1部屋で常に生活し、いつの間にか使用していない部屋が出てきてしまう可能性もあります。
例えば、仕事部屋として1部屋を確保したからといって、自分以外誰も住んでいないわけですから、いつの間にかダイニングで仕事をしているということにもなりかねません。

まとめ

ここまで、単身者の方が新浦安の賃貸で2LDKを借りることの利点を解説してきました。
利点と注意点を理解しているのであれば、たとえ単身者の方であっても、2LDK物件を借りるのはアリだと言えます。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。