浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年02月04日
9 view

新浦安で賃貸するならフローリング?畳?



新浦安で賃貸する方が悩む1つの問題として、全室フローリングの物件を選ぶか、畳の部屋がある物件を選ぶかということが挙げられます。
そんな方は、フローリングと畳、それぞれの利点をしっかり把握し、必要だと感じた方を選ぶことをおすすめします。
それでは、双方の利点を詳しく解説していきましょう。

フローリングにはどんな利点がある?

新浦安で賃貸する方に向けて、まずはフローリングの利点について解説します。
主な利点は以下の通りです。

① 掃除がしやすい
新浦安で賃貸する方は、まずフローリングの“掃除がしやすい”という利点を把握しておきましょう。
フローリングの掃除には、掃除機だけでなく、モップあるいはフローリングシートも使用できます。
そのため、夜遅い時間の掃除でも、大きな音が出る心配がありません。

② ダニの発生が少ない
フローリングには、畳よりもダニの発生が少ないという利点もあります。
また、先ほど解説したように、フローリングは掃除がしやすいため、ダニの好物であるホコリ、フケなどが残ってしまう心配も少ないです。

③ インテリアの跡が残りにくい
新浦安で賃貸する方は、フローリングの利点として、畳よりも“インテリアの跡が残りにくい”ということも覚えておきましょう。
跡が残りにくい分、部屋の模様替えをしたときなどに、跡が見えるようになってしまう心配がなくなります。

畳の利点は?

一方で、畳には主に以下のような利点があります。

① 下の階に音が伝わりにくい
畳には、フローリングと比べて、下の階に音が伝わりにくいという利点があります。
なぜなら、フローリングよりもクッション性に優れているためです。
そのため、子どもを持つファミリー世帯などで、上層階に入居しようとする方は、畳の部屋がある物件を選ぶべきでしょう。

② 調湿作用がある
意外と知られていませんが、畳には“調節作用”というものが存在します。
これは、文字通り室内の湿度を保ってくれる作用であり、畳の部屋がある物件は、夏の湿気、冬の乾燥を少し和らげてくれます。

③ リラックス効果がある
畳の匂いを嗅いで、心地良いと感じる方は多いでしょう。
また、畳の香りにはリラックス効果、集中力向上の効果があり、そのような効果を実感したい方にはおすすめです。

生活スタイルで選ぶのもアリ

新浦安で賃貸する方が、フローリングか畳かで迷っている場合、生活スタイルから選ぶという方法もあります。
まず、全室フローリングの物件には、ハイセンスな空間で、インテリアなどの配置にもこだわって生活したいと考えている方が向いているでしょう。
自分好みの家具、カーペットなどを配置することで、モデルルームのようなハイセンスな空間が出来上がります。
また、畳の部屋がある物件には、のんびりくつろぎ、家族との時間を共有したいという方に向いていると言えます。
なぜなら、畳の部屋はそのまま寝転がることができ、家族が集まりやすい空間となるためです。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方に向けて、フローリングと畳の利点について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
近年は、畳の部屋を必要とする方が減少している傾向にありますが、物件探しをするのであれば、今一度双方の利点を再確認しておきましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。