浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年01月29日
7 view

新浦安の賃貸で犬を飼う方必見!物件探しにおける注意点



新浦安の賃貸で犬を飼おうと考えている方は、犬との快適な生活が実現できるように、慎重に物件探しをしなければいけません。
では、具体的には、どんなところに注意して物件探しをすればいいのでしょうか?
詳しく解説しますので、愛犬家の皆さんには、ぜひ目を通していただきたいと思います。

新浦安の賃貸で犬を飼う方必見!物件探しにおける注意点①ペット可物件は賃料が高め

新浦安の賃貸で犬を飼おうと考えている方は、当然ペット可の物件を探すでしょう。
ただ、ペット可物件は、基本的に賃料が高めに設定されています。
また、賃料だけでなく、オーナーに預ける敷金も高いケースが多いです。
なぜなら、犬を飼っている入居者が退去する際にかかる原状回復費は、一般の入居者と比べてかかりやすいためです。
そのため、同じ間取りや立地のペット不可物件よりも、賃料や敷金が高めになることは、
あらかじめ留意しておきましょう。

新浦安の賃貸で犬を飼う方必見!物件探しにおける注意点②なるべく賃料が安い物件を選ぶ

先ほど言ったことと少し矛盾しているかもしれませんが、新浦安の賃貸で犬を飼おうと考えている方は、できる限り賃料が安い物件を選ぶべきです。
なぜかと言うと、犬を飼うためには、エサなどの消耗品が必要ですし、高額な医療費などがかかる可能性もあるためです。
つまり、なるべくそちらに回す費用を残しておく必要があるということですね。
ただ、ペット可物件の賃料が高めであることを考えると、間取りなどで少し妥協しない限り、賃料を下げるのは難しいと言えます。

新浦安の賃貸で犬を飼う方必見!物件探しにおける注意点③犬が外に出にくい間取りを選ぶ

新浦安の賃貸で犬を飼おうと考えている方は、犬が外に出にくい間取りを選ぶようにしましょう。
例えば、リビングから玄関までまっすぐ廊下が伸びているような間取りだと、玄関のドアが開いたタイミングで、部屋の外に犬が飛び出してしまいやすくなります。
また、玄関のすぐ外が大通りである場合、犬が飛び出すことによって、車や歩行者とぶつかって事故にあったり、周辺住民に迷惑をかけたりしてしまうかもしれません。
もし、犬が外に出にくいような間取りが見つからないのであれば、玄関の近く、もしくはリビングから玄関に繋がるドア付近に、外に出るのを防止するフェンスを設置しましょう。

新浦安の賃貸で犬を飼う方必見!物件探しにおける注意点④フローリングには転倒防止の工夫をする

新浦安の賃貸で犬を飼おうと考えている方の多くは、フローリングの物件に入居することになるでしょう。
ただ、フローリングの床は滑りやすく、活発に動く犬は転倒して怪我をする可能性もあるため、滑り止めのマットなどは必ず敷くようにしましょう。
また、新築物件の場合は特に滑りやすいため、転倒防止の工夫をしていないと、大事な愛犬に苦しい思いをさせてしまうことになります。

まとめ

ここまで、新浦安の賃貸で犬を飼おうとしている方に向けて、物件探しの注意点について解説してきました。
犬との快適な生活を実現するためには、飼い主自身のこと、飼われる犬のこと両方を考えて、物件探しをしなければいけません。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。