浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年01月23日
10 view

新浦安で賃貸する単身者の方が1LDKを選ぶ利点について



単身者の方が住む間取りと言えば、ワンルームや1Kなどが一般的です。
では、単身者の方が、あえてもう少し広めの1LDKを選ぶことの利点には、一体どんなことが挙げられるのでしょうか?
これから新浦安で賃貸する単身者の方は、本記事に目を通していただき、ぜひ1LDKも候補に入れてみましょう。

新浦安で賃貸する単身者の方が1LDKを選ぶ利点①寝食を分けられる

間取りがワンルームや1Kだと、どうしても食事をする部屋、睡眠を取る部屋が同じになってしまいます。
生活スペースとなる部屋が1つしかありませんので、これは致し方ありません。
ただ、新浦安で賃貸する単身者の方には、「寝る場所を汚したくない…」という方もいるでしょう。
そんな方には、寝食を分けられる1LDKがおすすめです。
1LDKは、リビングダイニングの他にもう1つ部屋があるため、食事を取る部屋、睡眠を取る部屋をキッチリ分けられます。

新浦安で賃貸する単身者の方が1LDKを選ぶ利点②収入スペースが豊富

単身者であっても、趣味でいろんなものをコレクションしている方や、たくさん服を持っている方などは、広めの収入スペースが必要になります。
ただ、ワンルームや1Kの間取りだと、そこまで収入スペースを確保できないことが多いです。
その点、1LDKは、単身者の方には十分な収入スペースが備わっていることが多く、入居後にモノが増えたとしても、すぐ片付ける場所に困る心配はありません。

新浦安で賃貸する単身者の方が1LDKを選ぶ利点③友人を招待しやすい

ワンルームや1Kの物件で友人を招待する場合、普段1人で使用している生活スペースを複数人で共有することになるため、とても窮屈です。
また、生活スペースとなる部屋が1つしかないため、プライベートな空間を見られる可能性も高いでしょう。
一方、1LDKであれば、生活スペースを広々と使えますし、ドアを閉め切っておけば、プライベートな空間を覗かれることもありません。

新浦安で賃貸する単身者の方が1LDKを選ぶ利点④同棲に移行できる

ご存知ではない方も多いかと思いますが、実はワンルームや1Kの物件には、同棲が認められていないところも多いです。
そのため、ワンルームや1Kだと、たとえある程度広くても、いざ同棲をしようとしたときに、オーナーから断られてしまう可能性があります。
一方、十分2人が住めるスペースのある1LDKでは、基本的に同棲が認められているため、今後同棲を考えている方は、新しい部屋を見つけなくても、そのまま移行することができます。

必ず賃料が高いわけではない!

ワンルームや1Kと比べて賃料が高いことがネックとなり、1LDKへの入居を躊躇っているという方もいるかもしれません。
確かに、全体的な相場は1LDKの方が高いですが、ワンルームや1Kより安いもしくは同等の1LDK物件はないのかというと、決してそんなことはありません。
築年数や設備状況などによっては、お得な価格で1LDKを借りられる可能性は十分あります。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する単身者の方が、1LDKを選ぶ利点について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
「1LDKは高いから…」と、最初から選択肢に入れるのを諦めている方は、1度考えを改めることをおすすめします。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。