浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年01月20日
3 view

新浦安で賃貸する方必見の“単身者あるある”をまとめました



これから新浦安で賃貸する方の中には、春から大学生や専門学生、新社会人になる単身者の方もいるでしょう。
今回は、そんな新浦安で賃貸する単身者の方に向けて、“単身者あるある”と、それへの対策について解説したいと思います。
ぜひ目を通してみてください。

新浦安で賃貸する方必見の“単身者あるある”①体調を崩したときが辛い

単身者の方は、たとえ風邪を引こうが、インフルエンザになろうが、基本的には家のことをすべて自分でしなければいけません。
また、単身者の方が感じる孤独感は、体調が悪いときほど強くなりがちです。
そのため、体調を崩したときの辛さを和らげるために、可能であれば、なるべく実家から通える距離の賃貸物件に入居することをおすすめします。

新浦安で賃貸する方必見の“単身者あるある”②洗い物が溜まりやすい

これまで実家で生活していた方、特に家事をしてこなかった男性の単身者の方は、つい洗い物を溜めがちです。
寒い時期であれば問題ないかもしれませんが、夏の暑い時期は虫、カビの発生に繋がることもあるため、調理しながら洗い物をするという習慣を早めに付けておきましょう。

新浦安で賃貸する方必見の“単身者あるある”③ゴミ出しを忘れやすい

初めて賃貸物件に住む単身者の方には、ゴミを決まった日に出すという感覚があまりなく、入居したての頃は、ついついゴミ出しを忘れがちになります。
そのため、各種ゴミ出しの日をあらかじめ把握しておくことはもちろん、ゴミ出しの前日までにはすぐ出せる状態にしておくことをおすすめします。

新浦安で賃貸する方必見の“単身者あるある”④食材やインスタント食品の賞味期限が切れやすい

料理を好んでしない方は、そのときの勢いで大量に食材やインスタント食品を買い込み、ついつい賞味期限を切らしてしまいがちです。
特に、野菜やお肉など、足が早い食材の賞味期限は必ず毎日チェックし、期限までに食べないのであれば、早めに冷凍するなどの対策は取らなければいけません。

新浦安で賃貸する方必見の“単身者あるある”⑤昼夜逆転しやすい

単身者の学生の中には、好きな時間に起き、好きな時間にご飯を食べ、好きな時間に寝ているという方も多いです。
ただ、生活が昼夜逆転してしまうと、自律神経が乱れて体調が悪くなったり、イライラしたり、睡眠の質が下がったりと、決して良いことはありません。
そのため、何も用事がない日であっても、目覚ましやアラームをセットして、なるべく“朝起きて夜寝る”という生活リズムを作りましょう。

新浦安で賃貸する方必見の“単身者あるある”⑥掃除をサボりがち

社会人になりたての単身者の方は、仕事が忙しいことを理由に、ついつい部屋の掃除をサボってしまいがちです。
ただ、忙しくても最低月1回程度は掃除しないと、そのうち手が付けられないほど部屋が汚れてしまうことも考えられるため、掃除のルールはあらかじめ決めておきましょう。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方に向けて、単身者あるあるについて解説しましたが、いかがでしたか?
一人暮らしには自由というイメージがありますが、すべて自分で行う必要があるということに関しては、忘れてはいけません。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。