浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年12月30日
8 view

新浦安で賃貸する新婚の方によくある部屋探しの失敗とは?



新浦安でこれから賃貸する方の中には、新婚の方もいるかと思います。
新婚生活に伴う部屋探しは、とても幸せな時間ではありますが、入居後の後悔をなくすためには、前もってどんな失敗が多いのかについて知っておかなければいけません。
詳しく解説しますので、新浦安で賃貸する新婚の方は、ぜひ参考にしてください。

新浦安で賃貸する新婚の方によくある部屋探しの失敗①収納が足りない

新浦安で賃貸する新婚の方によくある部屋探しの失敗には、まず“収納が足りない”ということが挙げられます。
今後、挙式などを控えている新婚の方は、できる限り賃料を抑えたいと考えるでしょう。
また、中には、「収納スペースが少なくても、片付けられるだろう」「自分で収納スペースを作ればいいだろう」と考えて、収納の少ない、賃料が安めの賃貸物件を選択してしまう方もいるかと思います。
ただ、やはり収納が少ないと物を片付けにくくなり、それが喧嘩の原因にもなりかねませんので、なるべく収納が多い賃貸物件を選びましょう。
特に、男性、女性ともに多くの服を持っているという場合は、必ず収納を重視しなければいけません。

新浦安で賃貸する新婚の方によくある部屋探しの失敗②賃料を高くしすぎる

新浦安で賃貸する新婚の方によくある部屋探しの失敗には、“賃料を高くしすぎる”ということも挙げられます。
これは、共働きをすることを前提に賃貸物件を借りたものの、何らかの理由で共働きではなくなってしまい、賃料が大きな負担になってしまうというパターンです。
例えば、奥さんが妊娠し、仕事を辞めなければいけなくなったというようなケースですね。
共働きすることを前提に賃貸物件を借りることは、決して悪いことではありませんが、ゆくゆくは共働きではなくなることも考えて、入居する物件の賃料を決めるべきでしょう。
また、賃料の支払いが苦しくなってしまうと、余計な引っ越し費用が生まれてしまいます。

新浦安で賃貸する新婚の方によくある部屋探しの失敗③部屋を持て余してしまう

新浦安で賃貸する新婚の方によくある部屋探しの失敗には、“部屋を持て余してしまう”ということも挙げられます。
これは、子どもができたときに備えて、例えば3LDKなど、広めの賃貸物件を借りたものの、なかなか子どもを授かれず、使用していない部屋が長い間出てしまうというようなケースです。
もちろん、子どもができたときに備えて、あらかじめ広めの部屋に入居しておくということは、悪いことではありません。
ただ、なかなか子どもを授かれなかった場合、それまで高めの賃料が無駄になってしまうのは事実です。
また、子どもができたからと言って、幼いころからすぐに1人部屋を与えることは、基本的にありません。
したがって、子どものためを思って、広い賃貸物件に住むのは、子どもを授かってからでも決して遅くないと言えます。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する新婚の方によくある、部屋探しの失敗について解説してきましたが、いかがでしたか?
少しでも理想に近い新婚生活を送りたいという方は、今回解説したような失敗をしないように、慎重な物件探しを心掛けましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。