浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年12月27日
9 view

新浦安で賃貸する方が狙うべき“築浅物件”について!



新浦安で賃貸する方の中には、「賃貸に住むなら絶対新築!」と考えている方もいるかもしれません。
もちろん、新築物件も良いですが、新浦安で賃貸する方が本当に狙うべき物件は、ずばり“築浅物件”だと言えます。
ここからは、新築と築浅の違い、そして築浅物件の良いところを解説したいと思います。

新浦安で賃貸する方は知っておくべき、新築と築浅の違い

新築物件とは、建築してから1年未満かつ、これまで誰も住んだことがない賃貸物件のことを言います。
これは、不動産公正取引協議連合会が定める“不動産の表示に関する公正競争規約”に記載されている、明確な定義です。
一方、築浅物件には、上記のような明確な定義がありません。
ただ、基本的には、建築されてから3~5年以内の物件は、築浅物件として扱われることが多いです。
また、過去に入居者がいた場合でも、築年数が短ければ、築浅物件という扱いになります。

新浦安で賃貸する方が狙うべき築浅物件の良いところ①新築よりも安く借りられる

すべての物件がそうとは限りませんが、築浅物件は基本的に、新築物件よりも安い賃料で借りられます。
金額で言うと、数千円程度ですね。
そのため、「新しい物件に住みたい」という気持ちと、「少しでも賃料を安くしたい」という気持ちが半々だという方は、新築物件よりも築浅物件を選ぶべきでしょう。

新浦安で賃貸する方が狙うべき築浅物件の良いところ②新築とほとんど変わらない綺麗さ

新築物件とほとんど変わらない綺麗さがあるところも、築浅物件の大きな魅力です。
なぜかと言うと、建築されてから3~5年程度であれば、過去の入居者の数はせいぜい2~3人程度であり、それほど摩耗やキズなどは目立たないケースが多いためです。
そのため、「できるだけ綺麗な物件に住みたい!」という方が、新築物件だけに絞って物件探しをするというのは、非常にもったいないことだと言えるでしょう。

新浦安で賃貸する方が狙うべき築浅物件の良いところ③新築と同じくらい新しい設備が揃っている

築浅物件は、新築物件と同じくらい新しい設備が揃っている可能性も高いです。
例えば、最新の浴室乾燥機や床暖房、食洗器などの設備は、新築物件でなくても使用できます。
また、宅配ボックスなどの共用設備に関しても、築浅物件では最新もしくは比較的新しいものを使用できる可能性が高いです。

新浦安で賃貸する方が狙うべき築浅物件の良いところ④必ず内見ができる

新築物件の中には、契約時にまだ建築が完了しておらず、入居前の内見ができない物件もあります。
そのため、イメージと違う物件に入居してしまうという可能性もゼロではありません。
一方、築浅物件は、すでに建築されて数年経ったものなので、必ず入居前の内見ができます。
イメージと違う物件を選んでしまうというリスクがないため、とても安心ですね。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方が狙うべき、築浅物件の良いところを中心に解説しましたが、いかがでしたか?
“新しい物件=新築”というイメージで物件探しをしている方は、新築物件となんら遜色のない築浅物件も選択肢に入れるようにしましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。