浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年12月20日
10 view

新浦安で賃貸する方必見!少ない収納で快適に過ごすコツ



賃貸物件の中には、収納スペースがとても少ないところもあります。
特に、単身者向け物件の中には、最低限の収納スペースでやりくりしなければいけないところも多いです。
今回は、新浦安で賃貸する方に向けて、そんな少ない収納スペースでも、快適に過ごすコツについて解説したいと思います。

新浦安で賃貸する方必見!少ない収納で快適に過ごすコツ①収納ボックスを活用する

収納スペースが少ない賃貸物件では、収納ボックスを活用しましょう。
収納スペースが確保できないということは、室内における横の面積は狭いことが予想されます。
ただ、収納ボックスであれば、室内における“縦”の部分を有効活用することができるため、何段か重ねても、それほど場所を取ることはありません。

新浦安で賃貸する方必見!少ない収納で快適に過ごすコツ②ベッドの下を活用する

収納スペースが少ない賃貸物件においては、ベッドの下も貴重な収納スペースとなります。
そのため、もしベッドを購入するのであれば、引き出し付のものを購入するようにしましょう。
また、引き出しが付いていなくても、ベッドの脚と床に隙間がある場合は、そこにボックスなどを設置して、収納スペースにすることができます。
下段が収納スペースや机になっており、上段がベッドになっているタイプの家具もおすすめです。

新浦安で賃貸する方必見!少ない収納で快適に過ごすコツ③部屋の一角に収納スペースをまとめる

収納スペースが少ない賃貸物件では、購入したものを片付けられず、散らかってしまうというケースが多くなります。
そのため、できるだけ収納スペースを部屋の一角にまとめ、散らかりやすい環境にならないようにしましょう。
また、収納スペースをまとめることで、生活スペースを広く取ることができます。

新浦安で賃貸する方必見!少ない収納で快適に過ごすコツ④デッドスペースはすべて収納スペースにする

賃貸物件では、どうしても“デッドスペース”というものが生まれてしまいます。
これは、いわば“有効に使えない無駄な空間”のことを指しており、賃貸物件にはこのような空間が無数に存在します。
例えば、タンスの横に隙間がある場合は、掃除機などを収納する場所として使えますし、フックを購入すれば、収納扉の裏側にネックレスなどを掛けることができます。
収納スペースが少ない賃貸物件では、このようなデッドスペースを見つけ、使えるだけ使うように心掛ける必要があります。

単身者向け物件にはクローゼットがない場合も!

単身者向け物件には、便利な収納スペースどころか、クローゼットもない物件もあります。
そのため、たとえ単身者であっても、大量の衣類を持っているという方は、どれだけ工夫をしても収納しきれない場合があるため、そのような物件を避けるようにしましょう。
特に、女性は衣類をたくさん持っている場合が多いため、そのような物件での生活は窮屈かもしれません。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方に向けて、少ない収納スペースでも快適に過ごすコツについて解説してきました。
収納スペースがあるかどうかは、物件探しにおいて非常に見落としやすいポイントであるため、内見の際は必ず意識してチェックしたいところです。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。