浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年09月20日
6 view

新浦安で賃貸する方が知っておきたい子育て向きの物件とは?



新浦安は、規模の大きい公園や安全な道路などが充実しており、比較的子育てに向いている街だと言えます。
ただ、新浦安で賃貸するのであれば、物件に関しても、子育て向きのものを選ぶことをおすすめします。
ここからは、新浦安で賃貸する方が知っておきたい“子育て向きの物件”の特徴について解説します。

新浦安で賃貸するなら知っておきたい子育て向き物件の特徴①1階にある

1階にある賃貸物件は、比較的子育て向きだと言えます。
まだ幼い子どもがいる場合、室内で走ったり跳ねたりすることも多く、2階より上の賃貸物件に住んでしまうと、下の階からクレームが出る可能性が高くなるためです。
また、1階にある賃貸物件であれば、下の階に迷惑をかける心配がない上に、ベランダやバルコニーから子どもが落ちてしまうということも防げます。
さらに、もし地震などの災害でエレベーターが停止しても、1階の賃貸物件であれば、子どもを連れて迅速に避難できるでしょう。

新浦安で賃貸するなら知っておきたい子育て向き物件の特徴②和室がある

和室がある賃貸物件も、子育て向き物件の1つだと言えるでしょう。
フローリングの部屋しかない物件よりも、柔らかい畳の部屋がある物件の方が、子どもが転んでもケガをしにくいためです。
中でも、キッチンやリビングから、子どもが遊ぶ和室をしっかり監視することができる間取りの物件は、とても子育てに向いています。

新浦安で賃貸するなら知っておきたい子育て向き物件の特徴③収納スペースが多い

収納スペースが多い賃貸物件も、子育てをする方にはとても向いています。
子どもの成長は早く、すぐに服が小さくなってしまったり、おもちゃの趣味が変わってしまったりします。
そのため、収納スペースがなければ、部屋の中がどんどん物で溢れ返ってしまうことになります。
物が多くなれば捨てるという選択肢もありますが、子どもが数人いる場合や、今後また子どもが産まれる予定だという場合、できるだけお下がりの服やおもちゃを活用したいですよね。
また、子どもが一生懸命書いた絵、一生懸命作った工作物など、思い出の品はなるべく捨てたくないという方も多いでしょう。
そのような場合にも、収納スペースは役立ちます。

新浦安で賃貸するなら知っておきたい子育て向き物件の特徴④モニターが付きインターフォンがある

モニター付きインターフォンがある物件も、子育て向きの物件だと言えます。
子どもがある程度大きくなり、1人で留守番ができるようになったとしても、モニター付きインターフォンがないと、訪れた不審者を中に入れてしまう可能性があります。
したがって、来客の顔をしっかり見ることができるモニター付きインターフォンは、子どもを危険な目に遭わせないためにも重要な設備だと言えます。
モニター付きインターフォンとオートロックがある物件であれば、なお安全です。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方が知っておきたい子育て向きの物件の特徴を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
子育ては、親御さんの生活における大部分を占めるため、子育てしにくい物件に入居してしまうと、生活における疲れやストレスが大きくなってしまいます。
したがって、親御さんにとっても、子どもにとっても住みやすい賃貸物件を選ぶということは、とても重要なことなのです。