浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年09月02日
12 view

新浦安で賃貸する方が知っておくべき“物件探しの6箇条”



これから新浦安で賃貸する方の中には、「良い物件が見つからなかったらどうしよう…」という不安に駆られている方もいるでしょう。
そんな方々に向けて、今回は“物件探しの6箇条”について解説したいと思います。
これを知っていれば、良い物件が見つかる確率はかなり上がるでしょう。

新浦安で賃貸する方が知っておくべき“物件探しの6箇条”①理想を明確にする

物件探しをする前に、自分の理想を明確にするというのは、とても大事なことです。
その理由は、理想を明確にすることで、内見の際に理想と大きく乖離している場合、すぐ別の物件探しに移れるためです。
理想を明確にしないまま内見をしてしまうと、いわゆる“一目惚れ”のような感じで物件を選んでしまいがちになり、そうなると入居後、不満が出やすくなります。

新浦安で賃貸する方が知っておくべき“物件探しの6箇条”②不動産会社の選定に時間をかける

賃貸物件を探す場合、物件を探すこと自体に時間をかけるよりも、不動産会社の選定に時間をかけるようにしましょう。
“すぐ近くにあるから”といったような軽い気持ちで不動産会社を選んでしまうと、質問をしても納得する回答が得られなかったり、条件がうまく伝わらなかったりする可能性があります。
おすすめなのは、その地域に強く、なおかつしっかりと実績を上げている不動産会社です。

新浦安で賃貸する方が知っておくべき“物件探しの6箇条”③とにかく質問する

不動産会社とのやり取りにおいて、少しでも疑問に思うことがあった場合は、とにかく質問しましょう。
例えば、物件に入居するための条件、周辺環境、契約時に必要な費用などに関しては、質問しなければわからないことが出てくる可能性が高いです。
そういった疑問を放置しなければ、着実に理想の物件に近づけるでしょう。

新浦安で賃貸する方が知っておくべき“物件探しの6箇条”④防音性に優れている物件を選ぶ

賃貸物件での生活において、騒音がストレスや近隣トラブルに繋がるというケースは非常に多いです。
したがって、物件選びでは、RC造、SRC造のような、比較的防音性に優れている構造の物件を選びましょう。

新浦安で賃貸する方が知っておくべき“物件探しの6箇条”⑤周辺環境のチェックを怠らない

物件探しにおいて、賃貸物件の間取りや設備などをしっかり確認する方は多いと思います。
逆に、意外と忘れがちなのが、周辺環境のチェックです。
例えば、物件自体の住みやすさは抜群でも、買い物する場所が近くになかったり、駅が近くになかったりすると、その物件の魅力は半減してしまいます。

新浦安で賃貸する方が知っておくべき“物件探しの6箇条”⑥複数の時間帯に訪れる

より良い物件に入居したいのであれば、内見や周辺環境のチェックは、複数の時間帯で行うべきです。
例えば、日中非常に良く見える物件でも、夜に訪れると街灯がほとんどなく、安全性に不安がある物件の可能性があります。

まとめ

ここまで、新浦安で賃貸する方に向けて、“物件探しの6箇条”について解説してきました。
実際、物件探しにおいて心掛けることは他にもたくさんありますが、これから賃貸するという方は、最低でも今回解説した6つのことを忘れずに、物件探しをしてみましょう。
何も考えずに物件探しをするよりかは、数段質の良い物件探しになります。