浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年07月31日
14 view

新浦安の賃貸で築年数が経ったデザイナーズ物件を選ぶ利点



人気のある賃貸物件の1つに、新築のデザイナーズ物件が挙げられます。
ただ新浦安で賃貸を探す方は、新築だけでなく、ある程度築年数が経ったデザイナーズ物件を選ぶことも視野に入れておきましょう。
ある程度築年数が経ったデザイナーズ物件には、新築のデザイナーズ物件にはない利点があります。

新浦安の賃貸で築年数が経ったデザイナーズ物件を選ぶ利点①賃料が低めに設定されている

当然ですが、新築のデザイナーズ物件は、賃料が高めに設定されていることが多いです。
またデザイナーズ物件の賃料相場は、そのエリアの賃料相場+10,000~20,000円程度と言われているため、新築に住むのであれば、相当賃料が高くなることを覚悟しなければいけません。
そんなときにおすすめなのが、賃料が低めに設定されていることが多い、築年数が経ったデザイナーズ物件です。
デザイナーズ物件も通常の賃貸物件と同じく、築年数が経過すれば経過するほど、設備が古くなったり、建物が老朽化したりします。
ただデザイナーズ物件自体が新しいもののため、ある程度築年数が経過していると言っても、そこまで建物や設備に不満を感じることはないでしょう。

新浦安の賃貸で築年数が経ったデザイナーズ物件を選ぶ利点②物件探しの幅が広がる

新浦安の賃貸で築年数が経ったデザイナーズ物件を選ぶ利点には、物件探しの幅が広がるということも挙げられます。
デザイナーズ物件は、全体的に物件の数が少ないです。
したがって、新築のデザイナーズ物件ばかりを追い求めてしまうと、自ら物件探しの幅を狭めてしまうことになります。
またデザイナーズ物件は、基本的に人気のエリアに建築されることが多いという特徴もあります。
ただ、人気エリアにはすでに多くのデザイナーズ物件が建築されていることが予想されるため、これから建てられるデザイナーズ物件の中には、駅から離れていたり、ショッピング環境が悪かったりする立地に建てられるものも増えてくるでしょう。
そうなると必然的に、新築のデザイナーズ物件に絞って物件探しをすることで、利便性が二の次になってしまう可能性が高くなります。

新浦安の賃貸で築年数が経ったデザイナーズ物件を選ぶ利点③時の流れによる味わいが出る

“時の流れによる味わいが出る”というのも、新浦安の賃貸で築年数が経ったデザイナーズ物件を選ぶ利点です。
新築のデザイナーズ物件は、確かに内装や設備、共用部分に至るまでピカピカで、清潔感に溢れています。
ただあまりにキレイすぎると、生活していて落ち着かなかったり、何をするにも汚さないように、傷付けないようにと気を遣いすぎたりしてしまいます。
一方で築年数が経過したデザイナーズ物件は、ある程度使用されていながらも、オシャレな内装、機能性の高い設備、共用部分に囲まれて生活できます。
したがって、オシャレなヴィンテージ物件に住みたいという方は、ある程度築年数が経過したデザイナーズ物件を選ぶべきでしょう。

まとめ

新浦安の賃貸で、築年数が経ったデザイナーズ物件を選ぶ利点について解説しました。
デザイナーズ物件は、たとえある程度築年数が経過していたとしても、内装や設備が古くなることが比較的少ないです。
なおかつ、ある程度築年数が経っているデザイナーズ物件の方が、人気エリアや利便性の高いエリアに建っている可能性が高いとも言えます。