浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年07月30日
14 view

新浦安の賃貸で1K物件を選ぶ際の注意点について!



新浦安の賃貸で1Kを選ぶ場合、1K物件ならではの選び方を心掛けなければいけません。
しっかり注意点を押さえていなかった場合、入居後の生活に支障をきたすおそれがあるため、注意しましょう。
今回は、そんな1K物件を選ぶ際の注意点について細かく解説します。

新浦安の賃貸で1K物件を選ぶ際の注意点①風呂トイレ別より生活のしやすさを優先する

新浦安の賃貸で1K物件を選ぶ際は、“風呂トイレ別”よりも、生活のしやすさを優先するようにしましょう。
一般的に1Kは、面積が狭いことが多いです。
そのため、風呂とトイレ、または洗面台が別々になっていないケースも必然的に多くなります。
ただ、風呂とトイレ、洗面台が別々になった1K物件は、より生活スペースが狭くなることが予想されます。
つまり、風呂やトイレが1部屋ずつある1K物件の場合、居室やキッチンなどが狭くなってしまい、生活しにくくなる可能性があるということです。
したがって、新浦安の賃貸で1K物件を選ぶ場合は、風呂トイレ別にこだわりすぎず、あくまで生活のしやすさを優先した物件選びをするようにしましょう。
もちろん、“風呂トイレ別は譲れない”という方もいるかと思いますが、そのような方は、入居前に“風呂トイレ別”と“生活スペースが小さくなること”をしっかり天秤にかけておきましょう。

新浦安の賃貸で1K物件を選ぶ際の注意点②コンロの数やタイプをしっかりチェックする

新浦安の賃貸で1K物件を選ぶ場合、コンロの数やタイプをしっかりチェックすることも重要です。
1Kは単身者向けの間取りのため、それほど料理を頻繁に行うことは想定されていません。
したがって、キッチンは独立していてもそれほど広くないことが多く、なおかつコンロがIHだったり、1口コンロだったりすることも多いです。
IHの場合、IHに対応しているフライパンや鍋などを購入する必要がありますし、コンロが1口しかない場合、同時に複数の料理を作ることはできません。
1K物件でもしっかり料理をしたいという方は、特にこれらの点について注意しておきましょう。

新浦安の賃貸で1K物件を選ぶ際の注意点③インテリアが設置できるかどうか確認する

新浦安の賃貸で1K物件を選ぶ場合、自身が購入または継続して使用したいインテリアが設置できるかどうかも、必ず確認しましょう。
特にベッドなどの大きいインテリアを設置する場合、事前に設置できるかどうかを確認しないと、設置できないもしくは設置できたとしても、他にほとんどインテリアを置けないという状況になってしまいます。
もし自身が購入、継続使用したインテリアが設置できないとわかった場合は、さまざまな用途で使用できるインテリアを購入し、設置することをおすすめします。
例えば、ベッドとデスクを設置したくても面積が足りない場合、ベッドとデスクが一体にいなっているインテリアを設置すれば、問題は解決できます。

まとめ

新浦安の賃貸で1Kを選ぶ際の注意点をいくつか解説しました。
ここまで読んでいただいた方は、“1K物件ならではの選び方”の意味を理解していただけたかと思います。
冒頭で触れたように、1K物件は基本的に面積が狭いため、自身の希望を叶えるためには、何かを犠牲にしなければいけないというケースが非常に多いです。
したがって、最初からその点についても留意して、物件探しをするようにしましょう。