浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年07月29日
12 view

浦安の賃貸で1Kを選ぶ方必見!インテリアの配置のポイント



浦安の賃貸で1Kを選ぶ方は、1Kにおけるインテリアの配置のポイントについて知っておきましょう。
1Kの場合、しっかり考えてインテリアを配置しないと、生活しにくい部屋になってしまう可能性が高いです。
今回は1Kにおけるベッド、テレビ、収納家具の配置のポイントを解説しますので、気になる方はぜひ参考にしてください。

浦安の賃貸で1Kを選ぶ方必見!インテリアの配置のポイント①ベッド

ベッドはインテリアの中でも特にサイズが大きいため、浦安の賃貸で1Kを選ぶ場合は、まずベッドの配置から決定するようにしましょう。
1Kにおけるベッドの配置方法には、“短い壁にくっつける”、“長い壁にくっつける”という2つの方法があります。
短い壁にくっつける場合、広めのまとまったスペースを確保しやすくなるため、ソファなどベッド以外にも大きめのインテリア配置したい方にはおすすめです。
ただ短い壁側にクローゼットやベランダがある場合、洋服が取り出しにくくなったり、ベランダの出入りがしにくくなったりする可能性があります。
逆に長い壁にくっつける場合は、ベッド以外の広いスペースを確保しにくくなるものの、ベランダへの動線は確保しやすくなります。

浦安の賃貸で1Kを選ぶ方必見!インテリアの配置のポイント②テレビ

1Kでテレビを配置する場合は、主に“ベッドと並行した位置に配置する”、“ベッドと直角にして配置する”という2つの方法から選ぶことになります。
ベッドと並行した位置にテレビを配置する場合、ベッドの上からテレビを見ることができ、下にテーブルがある場合は、ベッドを背もたれとして使うこともできます。
したがって食事、テレビの視聴、睡眠という流れを極力スムーズに行いたいという方にはおすすめです。
一方、ベッドと直角にテレビを配置する場合は、ソファや床に座りながらテレビを見ることになり、またテレビの右もしくは左にベッドが配置されることになります。
この配置は、ベッドと生活スペースを完全に分けたいという方におすすめです。

浦安の賃貸で1Kを選ぶ方必見!インテリアの配置のポイント③収納家具

1Kの場合、備え付けのものだけでは収納スペースが足りないということもよくあります。
またそのような方は、自身で本棚や収納家具を購入し、適切な位置に配置しなければいけません。
収納家具のおすすめの配置方法としては、まず“部屋のドア側に設置する”という方法があります。
ドアを開けてすぐ左側、もしくは右側に収納家具を配置すれば、部屋の圧迫感が生まれにくく、スッキリとした印象になります。
特に背の高い収納家具を購入した場合は、ドア側に配置しましょう。
またその他には、“インテリアとインテリアの間に配置する”という方法もおすすめです。
インテリアとインテリアの間に収納家具を配置することで、単なる収納スペースとしてだけでなく、部屋の間仕切りの役割も果たしてくれます。
また、先ほどテレビの配置の際にも解説しましたが、生活スペースと寝るスペースをできる限り区別したいという方には、この配置をおすすめします。

まとめ

浦安の賃貸で1Kを選ぶ方に向けて、インテリアの配置のポイントについて解説しました。
1Kは決して広い間取りではないため、配置を決定する前にインテリアを購入してしまうと、思い通りのレイアウトができない可能性が高くなります。
したがってまずはレイアウトを決め、少しずつ適したサイズのインテリアを購入し、理想の部屋を完成させるようにしましょう。