浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年07月22日
6 view

浦安の賃貸に住むならデザイナーズ物件について知っておこう



浦安には低コストで入居できるものから、高級なものまで数多くの賃貸物件が存在します。
またそんな浦安の賃貸に住む場合、デザイナーズ物件が入居先候補になる可能性があります。
ではデザイナーズ物件とは、一体どんな物件のことを言うのでしょうか?
今回はデザイナーズ物件の概要、そして利点と欠点について解説します。

浦安の賃貸に住むなら知っておくべき“デザイナーズ物件”とは

デザイナーズ物件とは、建築家のコンセプトが色濃く反映された物件のことを言います。
賃貸物件の中では、主にマンションによく見られます。
不動産に関する法律などで定められた明確な規定はありませんが、内装や外装の個性が非常に強いことが特徴です。

浦安の賃貸に住むなら知っておくべきデザイナーズ物件の利点について

・とにかくお洒落
デザイナーズ物件の利点は、なんと言ってもお洒落なところです。
建築家のコンセプトが色濃く反映された物件であるため、螺旋階段やガラス張りの浴室など、通常の賃貸物件ではあまりお目にかかれないようなデザインのものが多く見られます。
したがって、浦安でできる限りお洒落な賃貸物件に住みたいという方には、デザイナーズ物件を探すことをおすすめします。

・機能面も優れている
デザイナーズ物件は、お洒落なだけでなく、機能面でも優れていることが多いです。
例えば構造で言うと、コンクリート打ちっぱなしなど防音性、遮音性に優れているものが多く、設備で言うとオートロックやカメラ付インターフォン、宅配ボックスなどが完備されている物件が多いです。

・悪質な住人が住んでいる可能性が低い
デザイナーズ物件のほとんどは高級な物件であるため、入居者の多くは経済的にも心にも余裕がある方です。
したがって、悪質な住人が住んでいる可能性は比較的低いと言えるでしょう。

浦安の賃貸に住むなら知っておくべきデザイナーズ物件の欠点について

・賃料が高い
とにかくお洒落で、機能面も優れていることが多いデザイナーズ物件は、その分賃料を高く設定しているケースが多いです。
また同じような立地条件の一般的な物件と比べても、デザイナーズ物件の方が賃料は高くなりがちです。

・物件数があまり多くない
デザイナーズ物件は魅力的な物件ではありますが、一般的な物件と比べて数が少ないという欠点があります。
したがって、デザイナーズ物件だけに絞って物件探しをしてしまうと、選択肢はかなり少なくなってしまうことが予想されます。

・原状回復費用がかかりやすい
デザイナーズ物件には、原状回復費用がかかりやすいという欠点もあります。
デザイナーズ物件の中には、国内では手に入らないような素材を使用しているものもあり、もし室内にキズや汚れを付けてしまった場合、退去時に支払う原状回復費用はかかりやすくなってしまいます。

・デザイン重視の物件も存在する
デザイナーズ物件の中には、室内や共用部分などに関して、使い勝手の良さよりもデザインを重視しているものが度々見られます。
したがって、使い勝手の良さを最優先に考えている方には、あまりおすすめできません。

まとめ

浦安の賃貸に住むなら知っておくべき、デザイナーズ物件について解説しました。
デザイナーズ物件には見た目や機能に関するさまざまなメリットがあるため、ある程度費用に余裕があるという方は、ぜひ入居を検討しましょう。
ただデザイナーズ物件に入居するのであれば、使い勝手について熟考し、入居後住みにくさを感じずに生活できるかどうかを判断した上で、入居することが大切です。