浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年05月21日
1,761 view

浦安市の税金が安いってホント?浦安市の課税システムとは



これから浦安市に移住しようと考えている方は、できる限り浦安市の情報を知りたいと考えるでしょう。
中でも“税金”に関する情報は、誰もが知りたい情報の1つだと思います。
したがって今回は、浦安市の税金が安いのかどうかについて、そして浦安市の課税システムについて解説します。

浦安市の税金は安いの?

結論から言うと、浦安市の税金は全国的に見ても非常に安いです。
東京ディズニーリゾートがあり、都内へのアクセス環境も良いことから、浦安市は千葉県の中でも人気エリアの1つとして数えられています。
つまり人気だけでなく、住みやすさもしっかり兼ね備えているのが浦安市だということです。

浦安市の税金は具体的にどれくらい安いのか?

浦安市の税金の中でも、特に安いのが住民税です。
例えば、全国でもっとも住民税が高い北海道夕張市の税率は10.5%ですが、浦安市は10%となっています。
この数字だけを見ても、浦安市がとても税金が安いエリアだということがわかります。

1月1日までに移住する方は翌年から住民税がお得に

住民税は、その年の1月1日に住所がある市区町村で、前年の所得に対して課税されます。
したがって、1月1日以降に浦安市に移住しても、その年の住民税は移住する前の市区町村に収めることになります。
つまり、浦安市に移住してすぐ住民税をお得にしたいのであれば、1月1日までに移住する必要があるということです。
例えば、前年の12月に浦安市に移住する場合、翌年の1月1日から浦安市のルールにしたがって住民税を納められるということです。
所得税をお得にすることだけが理由で、浦安市に移住するという方はほとんどいないかもしれませんが、年明けすぐに移住することを検討している方は、1度前年中に移住することも検討してみましょう。

浦安市の税金をもっと安くするためには?

ただでさえ税金が安い浦安市ですが、もっと税金を安くしたいという方は、ふるさと納税を検討しましょう。
ふるさと納税とは、地方自治体に対して寄付をすることで、各エリアの特産品などがもらえ、税金が安くなる制度のことを言います。
ふるさと納税をするためには、2,000円の自己負担金が必要になりますが、浦安市の税金をさらに安くしたいという方にとって、利用しない手はないでしょう。

クレジットカードで税金を支払えばさらにお得

浦安市は固定資産税、市県民税、軽自動車税などの税金のクレジットカード支払いに対応しています。
納付番号および確認番号が印字されている納税通知書、クレジットカード、パソコンやスマートフォンがあれば、簡単に支払いができます。
クレジットカードで税金を支払うのがなぜお得なのかというと、税金を支払うことで、その金額に応じたポイントが貯まるためです。
クレジットカードのポイントはショッピングなどで利用できるため、そのポイントの分だけ実質税金が安くなります。
近年、クレジットカードで税金を支払う方は非常に多く、すべての支払いをクレジットカードでまとめて支払っているという方も少なくありません。

浦安市の税金の安さは法人にとっても魅力的!

浦安市の税金の安さは、法人にとっても非常に魅力的だと言えます。
浦安市の課税システムでは、事業所得が課税されないことになっています。
また固定資産税とセットで課税されることが多い都市計画税に関しても、浦安市は課税されません。
ちなみに隣の市川市では事業所税が課税され、都市計画税も0.3%課税されます。
都市計画税は、都市計画区域内の土地、建物に課される税金ですが、浦安市が課税していない理由には、浦安市がすでに発展している都市であることが挙げられます。
したがって浦安市は、個人で居住する場合にも、法人で事業をスタートさせる場合にも、税金面の恩恵が受けられるエリアだと言えます。

浦安市は税金だけでなく国民健康保険料も安い

浦安市は税金だけでなく、国民健康保険料も非常に安いです。
例えば、40代の夫婦2人と、子どもが1人いる世帯で、世帯年収が400万円の場合、浦安市の年間の国民健康保険料は409,267円です。
一方さいたま市は、同じ世帯構成、年収でも年間で571,297円の国民健康保険料がかかります。
その金額差は年間で約16万円にもなり、国民健康保険料を安くしたい方にとっても、浦安市がどれだけ魅力的なエリアであるかがわかります。

まとめ

浦安市の税金が安いのかどうかについて、そして浦安市の課税システムについて解説しましたが、いかがだったでしょうか?
浦安市の税金が全国でもトップレベルに安いこと、また浦安市民にとって嬉しい課税システムがあることがわかりました。
浦安市と他のエリア、どちらに移住しようか悩んでいる方は、物件の良し悪しやそのエリアの利便性だけでなく、税金のお得さも比較するべきだと言えます。