浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年05月01日
38 view

賃貸物件での同棲における成功と失敗の事例を紹介します



賃貸物件で同棲を始めるカップルは、同棲における成功と失敗がどんなものなのかについて、まだイメージできていないでしょう。
したがって今回は、賃貸物件での同棲における成功と失敗の事例を具体的に解説します。
どのようなカップルが同棲に成功するのか、失敗するのかを事前に知っておくことは非常に重要です。

賃貸物件での同棲における成功の事例

まずは、賃貸物件での同棲における成功の事例をいくつか解説します。

話をする時間を積極的に設けて仲良くなった

賃貸物件での同棲において成功するカップルは、2人で話をする時間を積極的に設けている場合が多いです。
さまざまなことについて話をする機会を設けることで、お互いの不満が解消されやすくなり、2人にとって良い生活環境が整いやすくなるためです。
また話をする時間を積極的に設けることで、単純にお互いの価値観などがわかりやすくなり、より仲が良くなったというカップルも多いです。

趣味を通じて仲良くなった

賃貸物件での同棲をスタートさせ、お互い同じ趣味を始めることによって、より仲が良くなったというカップルも多いです。
同じ趣味を始めれば、必然的にその趣味に関する会話が増えるため、仲が良くなることに繋がります。
したがって、たとえ相手の趣味に興味がなくても、1度理解しようとすることは重要だと言えます。
相手の趣味を理解しないようとしない場合、相手がその趣味に没頭している時間、常に“ほったらかしにされている”と感じてしまいます。

出勤時の見送り、帰宅時の出迎えで仲良くなった

出勤時の見送り、帰宅時の出迎えで仲良くなったというカップルも多いです。
長い期間1人暮らしをしていた方にとって、出勤時に見送ってくれる人がいる、帰宅時に出迎えてくれる人がいるというのはとても嬉しいことです。
したがって、出勤時の見送り、帰宅時の出迎えをしてもらえるだけで、“同棲してよかった”と感じる方は多く、相手にそう感じてもらうことができれば、どちらにとってもその同棲は成功したと言えるでしょう。

賃貸物件での同棲における失敗の事例

続いては、賃貸物件での同棲における失敗の事例について解説します。

家事の分担がうまくいかず仲が悪くなった

家事の分担がうまくいかず、仲が悪くなったという同棲の失敗事例はよく見られます。
以前は女性が家を守り、男性が働きに出るという考え方が一般的でしたが、近年は男女ともに働きに出るケースが多く、その分家事の分担も平等にするという考え方が根付いてきています。
ただ男性の中には未だに“家事は女性がするもの”と考え、ほとんど家事をしない方もいます。
それが原因で、男性と同じように働く女性が不満を抱いて、仲が悪くなったり、最悪別れたりしてしまうことも少なくありません。
したがって同棲をスタートさせる際は、必ず家事の分担について話し合い、同棲に失敗しないように心掛けましょう。

生活リズムや生活スタイルが合わず仲が悪くなった

お互いの生活リズム、生活スタイルが合わずに仲が悪くなったという同棲の失敗事例もよく見られます。
例えば、趣味に没頭してしまうあまり、話をする時間が少なくなり、仲が悪くなってしまうというようなケースです。
したがって、同棲を成功させたいのであれば、1人暮らしのときのように好きな時間の使い方をするべきではありません。
もちろん、1人の時間を大事にしたい気持ちはわかりますが、相手に“同棲する意味がない”と思われてしまうと、同棲に失敗したと言わざるを得ません。

異性として見られなくなった

異性として見られなくなったというケースは、意外と多い賃貸物件での同棲における失敗事例です。
同じ賃貸物件で同棲し始めた途端、これまでのようなときめきがなくなってしまい、結局仲が悪くなったり、別れたりしてしまうケースですね。
このような状況になってしまう理由としては、同棲をスタートさせることによって、相手が“恋人”というよりも“家族”に近い存在になってしまうことが挙げられます。
何の計画もなく、ただ同棲をスタートさせてしまうと、このような状況になりやすいため、同棲をスタートさせるのであれば、必ず結婚を目標にすることをおすすめします。
また漠然と“結婚する”ということだけを考えるのではなく、“○月までに結婚する”という風に計画することで、仲の良さを保ちやすくなるでしょう。

同棲に向いている賃貸物件に入居すれば成功しやすくなる

同棲に向いている賃貸物件に入居すれば、同棲に成功する可能性は高くなります。
例えば3LDKなど、あまりに広すぎる部屋に入居してしまうと、話をする時間を設けにくくなりますし、逆に部屋が狭すぎると、プライベートな時間を確保できず、お互いストレスが溜まってしまいます。
したがってカップルで同棲するのであれば、リビングと寝室に加え、もう1つ個室がある間取り(2LDK以上)に入居することをおすすめします。

まとめ

賃貸物件での同棲における成功、失敗の事例について解説しましたが、いかがでしたか?
これから賃貸物件での同棲をスタートさせるカップルは、今回解説したような成功と失敗の事例があることを知っておきましょう。
またそれらを知った上で、失敗しないように生活環境を整えることを心掛けてください。
同棲は成功すればとても楽しいものですが、失敗すれば生活していく上で大きな負担になることもあります。