浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年04月29日
18 view

女性が賃貸物件のオーナーに向いている理由について



賃貸物件のオーナーになりたいという方の中には、もちろん女性の方もいるでしょう。
実は女性は、賃貸物件のオーナーにとても向いていると言われています。
今回はその理由について詳しく解説しますので、女性ならではの利点を賃貸経営で活かしたいという方は、ぜひ参考にしてください。

女性が賃貸物件のオーナーに向いている理由①入居者の立場を理解しやすい

女性が賃貸物件のオーナーに向いている理由として、まず入居者の立場を理解しやすいということが挙げられます。
賃貸物件がファミリー層向けのものだった場合、奥さんの意見を反映して物件を決めるという入居者が多くなります。
その場合女性オーナーは、奥さん目線で水回りや家事の動線などを見ることができ、入居者の立場に立ったサービスが提供できる可能性が高いです。
また賃貸物件が1人暮らし向けのものであれば、母親が内見に同行するケースもあります。
その場合女性オーナーは、母親目線で賃貸物件のセキュリティなどについてチェックし、入居者にとって良い環境を提供することができます。

女性が賃貸物件のオーナーに向いている理由②コミュニケーション能力が高い

女性が賃貸物件のオーナーに向いている理由には、コミュニケーション能力が高いということも挙げられます。
女性は脳の構造的に、男性よりもコミュニケーション能力に優れていると言われています。
賃貸物件のオーナーにおいて、入居者とのコミュニケーションはとても重要なため、これは大きな強みになるでしょう。
また賃貸物件のオーナーは、その他にも不動産仲介業者や管理会社、客付業者やリフォーム業者など、さまざまな方とコミュニケーションを取らなければいけません。

女性が賃貸物件のオーナーに向いている理由③効率的に収入が得られる

女性は一般的に、男性よりも収入の面で不安定だと言われています。
出産や育児など、退職せざるを得ないライフイベントも多いですが、賃貸物件のオーナーになれば、ある程度自分の時間を確保しながら収入を得ることができます。
また副業として賃貸経営を行うことで、本業を退職することになっても、収入が途切れることはありません。

まとめ

女性が賃貸物件のオーナーに向いている理由について解説しました。
もちろん、男性が賃貸物件のオーナーに向いていないというわけではありませんが、女性の賃貸経営において、男性にはない強みや利点が数多くあるということは確かです。
また賃貸物件のオーナーになることで、女性の“収入面に不安がある”という欠点もカバーできます。
迷っている女性がいれば、ぜひ前向きに検討してください。