浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年01月16日
160 view

賃貸管理のストレス!この3つの備えあれば憂い無し?



賃貸物件の管理にはストレスはつきもの。しかしそのほとんどが想定できるものなので、まさに「備えあれば憂い無し」なのが賃貸物件の管理と言えるでしょう。その備えとは具体的にはどのようなものでしょうか?ここでは賃貸物件管理のストレスを軽減できる3つの対応策を提案。賃貸物件の管理のストレスを軽減してくれることでしょう。

 

1.クレーム対応も含めてマニュアル化する

とにもかくにも賃貸物件の管理でストレスになるのが「クレーム対応」です。もはや賃貸管理の大部分はこの「クレーム対応」といっても過言ではないでしょう。でもそんなクレーム対応も、クレームが出る前にあらかじめ想定したマニュアルを作っておくだけでも、ストレスはかなり軽減されます。クレームが出てからの対応ではストレスはかなりのものですが、あらかじめ想定したクレームなら対応も楽々。ストレスも軽減できます。賃貸物件の管理でストレスを軽減するには、まずはクレーム対応を含めて賃貸管理のマニュアル作成がおすすめです。

 

2.賃貸管理は「能動的」に!

賃貸物件の管理はついついクレームを受けたりするだけの「受動的」になってしまいがち。受動的な対応だけだとストレスも溜まる一方。でも賃貸物件の管理を自ら情報発信したりする「能動的」に変えるだけで、ストレスも軽減できます。その能動的な行動とは、簡単なところですと入居者への「挨拶」。そして賃貸物件の管理に必要な情報配信も、管理する人自身の言葉で発信することも能動的な管理と言えるでしょう。受けるばかりではなく、自ら動くこと。賃貸物件の管理のストレス軽減につながります。

 

3.何でもかんでも自分で管理しない!

自分が所有する賃貸物件の管理を自分で全てしたいのはわかります。しかし何でもかんでも自分で対応すると、特に賃貸物件の管理にはトラブルがつきものなので、ストレスはかなりのレベルになることでしょう。もちろん賃貸管理を全て「外部委託」すればストレスから開放されますが、そのためには費用もかなりかかってしまいます。でも賃貸物件の管理を「全て」ではなく「一部」だけ委託するのも有りです。「清掃」のみ外部委託も可能ですし、「家賃取立」に関しては最初から弁護士に任せた方が効率的。とにもかくにも賃貸管理を全て自分でやろうとするとストレスに押しつぶされてしまいますので、その一部でもいいので外部に委託しましょう。

まとめ

とにもかくにも賃貸物件の管理にはストレスはつきもの。全部自分で管理しようとすると、そのストレスから逃れることはできません。最も手っ取り早いのは、賃貸管理を全て管理会社などへ外部委託してしまうことですが、あとはその費用対効果の考え方次第です。自分で管理しようとすると、その対応にかかる時間はかなりのもの。その自分の人件費を考えると、外部委託も高く感じないことでしょう。それでもその費用を抑えたい場合は、まずは賃貸管理のマニュアルを作成。それだけでも賃貸管理でのストレスはかなり軽減できますよ。